@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DNS探索(リゾルバとリカーシブ)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DNS探索(リゾルバとリカーシブ)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DNS探索(リゾルバとリカーシブ)

DNS探索の仕組み(正引き)」では、DNSの正引きの仕組みについて説明しました。

そこで、同じDNSサーバなのにDNSサーバによって動作が異なることに気付いたと思います。


 クライアントが問合せを行う「dns.shop.co.jp」のDNSサーバとドメインツリー上の「company.co.jp」から上位のDNSサーバでは、振舞い方が違っています。

 「company.co.jp」から上位のDNSサーバは、外部からの問い合わせに対して、自分が管理している情報だけを応答しています。つまり、これらのDNSサーバはDNSクライアント(リゾルバ)として動作しています。

この場合、自身が管理しているゾーン情報のみ返答し、他のサーバへ問い合わせを行っていません。

 これに対して、クライアントが問合せを行う「dns.shop.com」は、クライアントからの問い合わせに対して、ドメインツリー上の上位のDNSサーバへ順次問合せを行い、DNSによる名前解決を最後まで行っています。

 この違いは、問合せの方法によって変わってきます。「dns.shop.com」が受けた問合せをリカーシブ(再起検索)と呼びます。一方、「company.co.jp」から上位のDNSが「dns.shop.com」から受けた問合せをイテレイティブ(反復検索)と呼びます。

 このように、DNSサーバは、問い合わせ種類によって、異なる動作を行っています。この動作を行うサーバは、別々のサーバに分けて運用することも同一サーバで運用することもできます。

DNS探索の仕組み(正引き)」 ← 前項 | 次項 → 「DNS探索の仕組み(逆引き)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.