@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DNS(ゾーンとレコード)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DNS(ゾーンとレコード)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DNS(ゾーンとレコード)

各ノードでは、自分のドメインに関する名前解決の情報であるDNSゾーンと呼ばれるデータを管理しています。

 ゾーンに含まれるデータの単位を「レコード」と呼び下表のような種類があります。レコードは、ホスト名とIPアドレスの対応だけの情報だけでなく、ホスト名のエイリアス(別名)など様々な情報を扱います。

ゾーン情報は下のように指定します。

●ゾーン情報
$TTL  86400
@    IN    SOA    dns.company.co.jp.  postmaster.company.co.jp.  (
     20091218001   ;  Serial
     10800         ;  Refresh
     3600          ;  Retry
     604800        ;  Expire
     3600 )        ;  Negative cache TTL
             IN    NS         dns.company.co.jp.
             IN    NS         dns2.company.co.jp.
             IN    MX   10    dns.company.co.jp.
             IN    MX   20    mail.company.co.jp.
localhost    IN    A          127.0.0.1
dns          IN    A          192.168.1.1
dns2         IN    A          192.168.1.2
mail         IN    A          192.168.1.3
sv01         IN    CNAME      dns
sv02         IN    CNAME      dns2
sv03         IN    CNAME      mail

レコードの種別は以下の通りです。

レコード種別 定義例 / 意味
SOA 例)
@ IN SOA dns.company.co.jp. postmaster.company.co.jp. (
20091218001 ; Serial
10800 ; Refresh
3600 ; Retry
604800 ; Expire
3600 ) ; Negative cache TTL

●@
ORIGINと全く同じドメイン名は「@」で記載する。
ORIGINの値は$ORIGINで始まる行で指定する。$ORIGINを明示的に設定していない場合は「 named.conf」 で設定されたゾーン名が使われる。

●MNAME(dns.company.co.jp.)
ドメインを管理するDNSサーバ名を表します。

●RNAME(postmaster.company.co.jp.)
ドメイン管理者のメールアドレス
ドメイン管理者の電子メールアドレスを表します。電子メールは「@」の代わりに「.」を表現します。

●SERIAL(シリアル番号)
ゾーンファイルのバージョンを表す数字。この数字が大きいほど新しいバージョンであることを意味します。通常、YYYYMMDDnn という10けたの数字で表現します。

●REFRESH(更新間隔)
ゾーン情報をリフレッシュするまでの時間を秒で指定する。

●RETRY(転送再試行時間)
REFRESHでゾーン情報の更新ができなかった場合に、再試行を試みる周期を秒で指定する。

●EXPIRE(レコード有効時間)
ゾーン情報のリフレッシュができない状態が続いた場合のゾーン情報の有効時間を秒で指定する。

●MINIMUM(Negative cache TTL)(キャッシュ有効時間)
存在しない情報をキャッシュする有効時間を秒で指定する。
NS 例)(ドメイン名) IN NS dns.example.com.

ドメインのDNSサーバ名を指定する。ドメイン名が空白である場合には、直前のレコードの名前が適用される。上の例では直前のレコードのSOAレコード。
A 例)www IN A 192.168.1.10

ホストのIPアドレス
PTR 例)192.168.1.10 IN PTR www.company.co.jp.

IPアドレスに対するホスト名
CNAME 例)www IN CNAME www1.company.co.jp.

ホスト名のエイリアス(別名)
MX 例)(ドメイン名) IN MX 10 mail.company.com.
ドメインのメールサーバ名
HINFO 例)www IN HINFO HP DL320 G6 Linux

ホストの情報。ホストのハードウェア、OS情報などをを記述する。
WKS 例)www IN WKS tcp http ftp smtp

ホストで実行されているサービス情報を記述する。
TXT 例)www IN TXT "This is company server"

ホストへのテキスト情報を記述する。

 ゾーンは省略して記述することができます。省略ルールの基本は、「明示的に記述しない場合は直前の記述内容が設定される」 ということです。

省略のルールに則ってゾーンを記述することで簡潔にゾーンを定義することができます。

ドメイン名の種類」 ← 前項 | 次項 → 「DNS探索の仕組み(正引き)」



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.