@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DNSとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DNSとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DNSとは

 TCP/IPネットワークでは、IPアドレスという番号を使って通信を行います。ところが私達がネットサーフィンやメールを行うこと時に、IPアドレスを入力することは、ほとんどありません。

 インターネットへのアクセスは、「www.yahoo.co.jp」のようにURLを入力しますし、メールも「aaa@bbb.com」という表記で宛先を指定します。

 TCP/IPの世界では、IPアドレスという「192.168.1.10」のような番号を使わなければ通信できないはずなのに、なぜ、通信が出来ているのでしょうか?

 それは、DNS(Domain Name System)という名前解決の仕組みがあるからです。アルファベットや数字を用いた名前を使用したとても、DNSにより、IPアドレスを求めることができるからです。この求めたIPアドレスを使って相手を特定しているのです。


 DNSでは、IPアドレスとホスト名をマッピングしてホスト名からIPアドレスを解決する仕組みを提供しています。

 初期のネットワークでは、インターネットのように不特定多数が参加すること考慮する必要がなく、またネットワークの規模も小さかったので、各クライアントごとでhostsファイルを管理することで対応していました。hostsファイルとは、ホスト名とIPアドレスをマッピングした一覧です。

 しかし、インターネットという規模になると各ホストに名前解決の情報を持たせることは現実的ではありません。インターネットへは不特定多数のホストが参加するからです。

 接続する機器が増える度に、hostsファイルを書き直さなければなりませんし、また、ホストのIPアドレスが変わる度に書き直さなくてはなりません。これは、気が遠くなるような作業でユーザの負担があまりにも大きくなってしまいます。

 このため、現在では、名前解決を行う専用のDNSサーバを設置して、IPアドレスとホスト名のマッピングを一元的に管理する仕組みが採られています。

DNSを利用すると以下のメリットがあります。

@人間に覚えやすい名前でアクセスできる。覚えにくいIPアドレスの数字を覚える必要がない。
Aユーザに通知しなくても、ホストのIPアドレスを変更できる。
Bユーザがhostsファイルを定義する必要がなくなる。

このようなメリットがあるため、DNSは現在のネットワークにはなくてはならない存在になっています。

Wake On LAN(その4)」 ← 前項 | 次項 → 「hostsファイル



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.