@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > DHCPサーバの配置について

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆DHCPサーバの配置について

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆DHCPサーバの配置について

ここでは、DHCPサーバの配置について説明してゆきます。

 DHCPクライアントは、IPアドレスなどの情報を払い出してもらうためにDHCP Discoverを送信します。このDHCP Discoverは、ブロードキャストです。

下の図を見て下さい。DHCPサーバがルータを越えた先に設置されている場合はどうなるのでしょうか?


 ルータは、ブロードキャストは転送しないでブロックするため、ルータを越えた先にあるDHCPサーバには、DHCP Discoverが届かないことになります。

 結局、DHCPクライアントは、DHCPサーバにDHCP Discoverを届けることができないので、タイムアウトになりIPアドレスを取得することができないので、ネットワークに接続できなくなってしまいます。

 ルータによってブロードキャストがブロックされるということは、ネットワークごとにDHCPサーバが必要だということになります。


 DHCPを用いることで、せっかく、IP関連のパラメータの設定を自動化できても、これでは、DHCPサーバの台数が多くなってしまいます。サーバの運用管理が大変でメリットが半減してしまいます。

 DHCPサーバを立てたらほったらかしというわけには、ゆきません。OSのアップデートも必要ですし、台数が増える分、動作不良や故障の発生回数も増え、メンテナンスも必要です。

 1台のDHCPサーバでネットワークごとに自動配布し集中管理できると、管理的にもコスト的にもメリットが大きいですよね!

 そこで、「DHCPリレーエージェント」という機能が用意されています。この機能を用いることで、DHCPのブロードキャストの要求を中継できるようになります。

この機能については、次の「DHCPリレーエージェント」で説明してゆきます。

同一セグメントに複数のDHCPサーバがある場合」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPリレーエージェント



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.