@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > PoEとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆PoEとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆PoEとは

 PoEは、「Power over Ethernet」の略で、2003/6月にIEEE802.3afとして標準化された技術で、イーサネットで配線で利用するUTPケーブル(カテゴリ5以上)を使用して電力を供給することができます。

 UTPケーブルを電源として利用できるので1本のケーブルでデータ通信と電力供給が行うことができます。その為、電源の取りにくい場所への機器の設置が可能になったり、電源ケーブルを引き回す必要がないため、省配線化が実現できます。

 ACアダプターを設置しなければならない場合、場所を取りますが、UTPから電源を取れるのであれば、電源まわりもすっきりします。また、電源コンセントの追加にともなう工事費などのコストの削減もできます。


特にPoEは、IP電話機やネットワークカメラの設置する際に役に立ちます。

 方式には、TypeAとTypeBがあります。TypeAは、データ伝送と電力供給に同じ銅線4本を共有します。TypeBでは、10BASE-T/100BASE-TXにおいて使用していない4本を電力供給と用として使用するようになっています。


TypeA ・・・ 1、2、3、6番ピン
TypeB ・・・ 4、5、7、8番ピン

を利用します。

ここで、TypeAにおいて、疑問がわいてきます。

 データを伝送する銅線と、電力供給する銅線が同じだとデータの送受信に悪影響があるのではないかということです。

 しかし、これは全く問題ではありません。ADSLの場合を例に考えてみます。1本(2芯)の電話線で電話の音声信号とADSLのデータをやり取りしていまが、問題ありませんよね。

 PoEも同様です。同じ銅線上でデータ伝送と電力供給を行っても影響が出ないように仕様が定められています。

 IEEE802.3afでは、電力供給側の機器は、TypeAとTypeBのどちらでも選択できるようになっていますが、受電側の機器は、TypeAとTypeBのどちらでも電力供給を受けられるようになっていなければならないことが決まっています。

PLCの構成」 ← 前項 | 次項 → 「FTPとは



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.