@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 無線LANの暗号化規格の種類

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆無線LANの暗号化規格の種類

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆無線LANの暗号化規格の種類

 無線LANの特徴として、電波が届く範囲であれば、誰でも通信内容を傍受できることから、セキュリティが問題になってきます。

 そこで、無線LANのセキュリティには、いろいろな手法が用意されています。ここでは、無線の暗号化の種類について説明してゆきます。

 通信の暗号化を行うには、暗号化キーが必要になります。アクセスポイントに設定されている暗号化キーを知っているクライアントだけが、アクセスポイントと接続することができます。

 暗号化方式には、古い規格の順に、WEP、TKIP、AESがあります。最近の無線LAN機器では、全ての暗号化規格をサポートしているものがほとんどですが、古い機種では、比較的新しい暗号化規格をサポートしていないので注意が必要です。

暗号化強度は、強度の順に並べるとAES、TKIP、WEPの順になります。

他、無線の暗号化に関する規格として、WPA、WPA2やIEEE802.11i があります。

これらの規格の関係が分かりにくいので、整理すると下図のようになります。

※WPA、WPA2はユーザ認証(IEEE802.1x)を含めたセキュリティ方式全体を意味します。

●WPA

 2002年の10月に、Wi-Fi Allianceが、IEEE802.11i の仕様の一部を先取りして規格化したセキュリティ規格です。WEPのRC4の暗号化方式に改良が加えられた TKIPと呼ばれる暗号化方式が採用されています。

●WPA2

 WPAのセキュリティ強化改良版で、暗号化にはWPA-AESと同じAESを使用するが、暗号鍵の生成方法に、TKIPをさらに高度にしたCCMPという方式を採用している。現時点でWPA2は、最も暗号強度が高い規格になります。

●IEEE802.11i

 従来の無線LANの脆弱性を、WPAとAESを採用することにより克服した規格です。IEEEが、この規格の承認に時間をかけすぎた為に、Wi-Fi Allianceが、IEEE802.11iの規格の一部をWPAとして先取りして規格化したので、少し紛らわしくなっています。

無線チャネルの割り当ての良い例」 ← 前項 | 次項 → 「無線LANの暗号化規格(WEP)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.