@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 無線チャネルの割り当ての良い例

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆無線チャネルの割り当ての良い例

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆無線チャネルの割り当ての良い例

 ここでは、複数のアクセスポイントを設置する際に、各アクセスポイントに設定するチャネルに、どのチャネルを割り当てれば良いのか説明してゆきます。

最適なチャネルをアクセスポイントに割り当てることで、電波干渉の無い無線LANを構築することができます。


◆IEEE802.11b、IEEE802.11gのチャネルの割り当て

 電波干渉を防ぐ為には、近くに存在するアクセスポイントとは異なるチャネルを割り当てます。そうすることで、アクセスポイント間の電波干渉を発生させないようにすることができます。

下のIEEE802.11b、IEEE802.11gのチャネルの配置図を見て下さい。

各チャネルで使用する周波数帯は、少しずつずれています。

 各アクセスポイントに設定するチャネルは、周波数帯が重ならないように十分なチャネル間隔を空けて選択する必要があります。


周波数帯が重ならないようにチャネルを選択することで電波干渉が回避されます。

 IEEE802.11b、IEEE802.11gの場合は、電波干渉を起こさないように5チャネル以上の間隔をあける必要があります。

 IEEE802.11b の場合、1ch/6ch/11ch/14ch(日本だけ)。IEEE802.11g の場合は、1ch/6ch/11ch、2ch/7ch/12ch、3ch/8ch/13ch 等の組み合わせを使います。

5チャネル以上の間隔があれば、電波干渉が回避されるので、1ch/7ch/13chの組み合わせも可能です。

最適なチャネルの割り当て例は、下図のようになります。



◆IEEE802.11aのチャネルの割り当て

 IEEE802.11aの場合は、各チャネルに割当てられている周波数帯は他のチャネルと周波数帯に重なりがありません。


下図のようにチャネルを割り当てても問題ありません。



◆電波混雑防止機能

 アクセスポイントに電波混雑防止機能があれば、空いてるチャンネルを自動で検索し、空いているチャンネルを自動で設定してくれます。手間をかけずに簡単に最適なチャネルを割り当てることができます。


IEEE802.11aの屋外利用」 ← 前項 | 次項 → 「無線LANの暗号化規格の種類



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.