@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 無線LAN(ANY接続・ステルス機能)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆無線LAN(ANY接続・ステルス機能)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆無線LAN(ANY接続・ステルス機能)

多くの無線ブロードバンドルータでは、ANY接続がデフォルトで許可されています。

 古い無線ブロードバンドルータの場合、ANY接続を拒否する機能が付いていない製品もあります。その場合、ANY接続は、常に許可された状態となります。

 ANY接続を許可すると、無線クライアント側の設定が、とても簡単になります。一覧の中から選択するだけで、無線ネットワークに接続できるようになるのです。

 つまり、ANY接続を許可すると誰でも簡単にアクセスポイントにに接続できるようになります。しかし、セキュリティ面で、とても不安な材料となります。

 逆に、ANY接続を拒否するとセキュリティは向上しますが、無線クライアント側の設定が複雑になり、運用面が犠牲になります。

ANY接続を許可しておくと、利用可能なアクセスポイントの一覧が表示されます。

 例えば、SSIDに「AP001_G」を設定している場合、「AP001_G」が一覧の中に表示されます。表示される「AP001_G」をクリックするだけで接続できてしまいます。


このように、ANY接続を許可すると、無線クライアント側の設定が、とても簡単になり運用が楽になります。

 無線クライアントの設定を特にすることなく、一覧の中から選択するだけで、無線ネットワークに接続できるようになるのです。


 このように、ANY接続を許可すると誰でも簡単にアクセスポイントににアクセスできるようになります。しかし、このままでは、セキュリティ面でとても不安です。

 そこで、ANY接続を拒否する機能が無線ブロードバンドルータなどの無線機器には用意されています。製品によっては、ステルス機能などと呼ばれています。


 ANY接続を拒否するとセキュリティは向上し、一見、有効な手段だと思われるかもしれませんが、無線クライアント側の設定が複雑になり、運用面が犠牲になります。

 無線クライアント側の設定が複雑になるのです。無線の設定は、複雑です。専門用語もたくさん出てきます。ネットワークのことをあまり知らない方が設定するとなると敷居の高い作業になります。

 その結果、ネットワーク管理者への問い合わせが増えるばかりか、場合によっては、「接続できないから、設定してくれ!」と、その度に、呼び出され、設定することになりかねません。

 運用面をある程度、犠牲にしてでも、セキュリティを高めたい場合に、ANY接続を拒否する設定は、有効な手段となります。

その場合、接続の手順書を作成し、社内で共有したり、教育を行うことが必要になります。

ANY接続を拒否するように設定を行っている場合、一覧には、表示されなくなります。


 その代り、アクセスポイントに接続するには、無線クライアントに、SSID、ネットワーク認証方式、データの暗号化などを設定する必要があります。

無線LAN(SSID・ESSID)」 ← 前項 | 次項 → 「無線LANの種類



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.