@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 無線ネットワークとは・利点とは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆無線ネットワークとは・利点とは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆無線ネットワークとは・利点とは

ネットワークを構築する方法には、

●有線で構築する方法
●無線で構築する方法
●有線と無線を併用して構築する方法
電力線搬送通信(PLC)を併用して構築する方法)

があります。

 無線を利用する最大のメリットは、UTPケーブルを使用する有線ネットワークのような配線工事が必要ないということです。

 配線工事が必要でないということでは、電力線を使用するPLCを用いる方法もありますが、こちらの方法では、PLCアダプターまでは、UTPケーブルの配線が必要であり、ケーブルの引き回し作業の煩わしさがあります。

企業だけでなく、家庭内のネットワークにおいても、無線LANは重宝します。

 今や、テレビもデジタルテレビ放送の時代です。双方向サービスの視聴者参加型の番組を楽しむためには、インターネットに接続しなければなりませんし、家庭用ゲーム機や携帯ゲーム機だってインターネットに接続した方が、より楽しく遊べるようになっています。

※地デジ対応テレビの場合、LANコネクタしかない場合、無線ネットワークに参加させるには、イーサネットコンバーターなどの機器が必要になります。

 そういった意味でも、配線工事が必要でない無線ネットワークは、気軽に構築できるネットワークであると言えると思います。

家庭内無線ネットワーク

 とにかく、有線でネットワークを構築するとなると、部屋から部屋への配線がとても大変です。壁に穴を開けたり、天井に穴を開けて天井伝えで配線しなければなりません。

 その際、天井まで配線したケーブルがむき出しになって見た目が悪くなります。そこで、見た目が悪いのでモールでLANケーブルを隠すなどの対処が必要になってきます。また、壁に穴を開けたり、天井伝えで配線しなければなりません。

下の図は、壁の配線をモールで目隠ししている写真です。

壁の配線

 部屋から部屋、フロア間の接続を無線にすれば、配線周りがすっきりします。最近は、無線ブロードバンドルータの性能がよくなっており、高出力で電波を出力する製品もあります。1台設置するだけで十分に家中の無線端末からの接続をカバーできます。

イメージ的には、下の図のようになります

家庭内無線ネットワーク

CSMA/CA with RTS/CTS」 ← 前項 | 次項 → 「無線ネットワークの概要



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.