@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > CSMA/CA with RTS/CTS

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆CSMA/CA with RTS/CTS

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆CSMA/CA with RTS/CTS

無線LANでは、有線LANと異なり、他のホストが通信を行っていることが検知できない問題があります。

 あるホストがアクセスポイントと通信を行っている電波が他のホストに届かない場合があります。ホスト間の距離が離れている場合に発生します。

また、下の図を見て下さい。電波を通しにくい遮蔽物がある場合にもこの問題が発生します。


これが、「隠れ端末」の問題です。

 衝突検知「Carrier Sence」により他のホストが通信していることを検知することができない為、互いにフレームを送出してしまうことになります。

 その結果、フレームの衝突が発生し、スループットが低下してしまいます。この問題を回避する方法にRTS/CTSを用いる方法があります。

下の図は、「CSMA/CA with RTS/CTS」による通信制御です。


 「CSMA/CA with RTS/CTS」では、同時にデータが送信されないように、データを送信したいホストが送信の許可(RTS:Request To Send)を要求します。

要求を受け取ると、アクセスポイントは、データの送信を許可する (CTS:Clear to Send) を送信します。

RTSを要求したホストは、CTSを受信するとデータの送信を始めます。

 データ送信を要求していない他のホストは、現在、別のホストに送信権があり、ACKを受信するまで、自分が送信できないと解釈します。

 このやり取りは、RTS信号やCTS信号のやりとりが発生する為、「CSMA/CA with Ack」に比べてスループットが低下します。

CSMA/CA」 ← 前項 | 次項 → 「無線ネットワークとは・利点とは



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.