@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > Cisco HDLC

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆Cisco HDLC

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆Cisco HDLC

 HDLCは、IBMが開発したSDLCをベースにISOよって標準化されたデータリンク層のプロトコルです。このISOによって標準化されたHDLCをISO HDLCと言います。一般的にHDLCは、同期シリアル回線で使用されます。

 下の図を見て下さい。ISO HDLCでは、ヘッダ内にネットワーク層のプロトコルを示すフィールドがありません。その為、ISO HDLCでは、単一のネットワーク層のプロトコルしか使用することができません。


 ISO HDLCでは、マルチプロトコル環境をサポートしていない為、これを補完する為に、HDLCは各ベンダーごとに独自の実装を行っています。Ciscoでは、独自フィールドを追加したCisco HDLCを採用しています。


その為、HDLCでは、ベンダー間の通信ができないのが一般的です。

 つまり、HDLCを利用する場合、そのベンダー専用の機器を用意しなければなりません。その為、WANリンクの両端の機器が異なるベンダー機器の場合は、PPPが利用することになります。

 CiscoルータのSerialインタフェースののデフォルトのカプセル化は、Cisco独自のHDLCです。「show interfaces serial」コマンドで確認することができます。

Router#show interfaces serial 0

●Serialのカプセル化(Cisco2500)
Serial0 is up, line protocol is up
  Hardware is HD64570
  Internet address is 192.168.2.1/24
  MTU 1500 bytes, BW 1544 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation HDLC, loopback not set, keepalive set (10 sec)
  Last input 00:00:09, output 00:00:06, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0 (size/max/drops); Total output drops: 0
  Queueing strategy: weighted fair
  Output queue: 0/64/0 (size/threshold/drops)
     Conversations  0/1 (active/max active)
     Reserved Conversations 0/0 (allocated/max allocated)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     5 packets input, 367 bytes, 0 no buffer
     Received 5 broadcasts, 0 runts, 0 giants
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     8 packets output, 757 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     2 carrier transitions
     DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=up  CTS=up

HDLC」 ← 前項 | 次項 → 「PPPとは



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.