@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > インターネットとセキュリティ問題

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆インターネットとセキュリティ問題

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆インターネットとセキュリティ問題

 インターネットとセキュリティの問題は、切り離すことはできません。なぜ、インターネット上のサービスのセキュリティがもろいのかは、技術的な背景があります。

現在のインターネットを支える技術にはLANの技術が使用されています。

 現在、ほとんどのLANは、Ethernet(イーサネット)で構築されています。このEthernetは、CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection)という仕組みで動作しています。

 CSMA/CDでは、問い合わせに対して、該当するものがいれば、必ず応答するようになっています。CSMA/CDは、この単純な仕組により、実装が容易でコストがかからないため、広く普及したのです。


イーサネットは、もともとローカルなエリアで利用を想定して、単純なメカニズムで動作しています。

イーサネット上のコンピュータは、特定のプロトコルに対して必ず応答を返します。

例えば、pingコマンドに対して、必ず応答するようになっています。
※現在はOS側のファイアウォールでブロックされるようになっています。

 応答が返ってくるということは、ある悪意な第三者に、存在を知らせていることにほかなりません。つまり、そのシステムに対してアタックを行うことが可能になるのです。

 そもそも、インターネットは不特定多数のユーザーが参加するものなので、誰もがアクセスできるということが大前提になっています。

 誰もがアクセスできるということは、裏を返せばセキュリティに対して、もろいということに繋がります。

 その為、インターネットとセキュリティの問題は、切り離すことができない問題となっています。この問題は、その仕組みに内在しているので、根本的な解消は容易ではありません。

HTTPとセキュリティ問題」 ← 前項 | 次項 → 「CSMA/CD(その1)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.