@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > クライアントサーバの仕組み

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆クライアントサーバの仕組み

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆クライアントサーバの仕組み

 大規模で、複雑なネットワークも部分的に見てゆけば、基本的には2台のパソコン(機器)との通信で成り立っています。


 通常、片方のパソコンのアプリケーションは、いつでも通信が行えるように起動した状態で待機しています。もう一方のパソコンのアプリケーションが、あらかじめ起動しているアプリケーションを呼び出し、呼び出された側が応答を返すことで、通信を行います。

この方式を、クライアントサーバ型と言い、ネットワークのサービスプログラムの多くは、この方式で動作しています。

クライアントサーバ型では、サービスを供給する側と受ける側を固定して、役割を明確にしています。



 この形式では、ユーザアカウントを一元管理することができます。セキュリティ管理で重要な「どのユーザにどの資源を許可して、どの資源を許可しないのか」です。

 ユーザ数が多くなってくると、この管理が煩雑になってきますが、一元管理できるこの方式では、管理が容易になります。

 ネットワークの規模が大きく、セキュリティ管理、ファイルの管理、プリンターの共有、電子メールの管理を一元管理したい場合にこの方式は有用です。

ピアツーピアの仕組み」 ← 前項 | 次項 → 「サービスを特定するポート番号



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.