@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > tracert / traceroute コマンド

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆tracert / traceroute コマンド

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆tracert / traceroute コマンド

 tracert/traceroute コマンドは、宛先までにたどったルートをリストとして表示するためのコマンドです。ネットワーク層をホップバイホップでテストします。

WindowsとLinuxでは、異なったメカニズムで動作します。

まずは、送信元が

・Windowsでは、ICMPの Echo Requestパケット
・LinuxではUDPパケット

のパケットを送信します。

 宛先の経路途中にある機器(ルータ)は、ICMPのType11(時間超過)で応答を返します。そして、宛先に到達すると宛先機器は、エコー応答(Echo Reply)で応答します。

ICMPヘッダについては、「ICMPヘッダ」で紹介しています。

Windowsの場合の tracert コマンドは、コマンドプロンプト上から実行します。使用方法は以下の通りです。

●Windowsの場合
【使用法】
tracert [-d] [-h maximum_hops] [-j host-list] [-w timeout][-w timeout] [-R] [-S srcaddr] [-4] [-6] target_name

例えば、「www.yahoo.co.jp」への tracert の実行例は、下図のようになります。


 トレースの結果は、最大で30個の経路情報を表示されます。ルータを1つ越える度に、1ホップとして数えるため、30ホップ表示されます。アスタリスク「*」が表示さる場合は、パケットが到達できなかったことを示します。

※ルータや宛先の端末では、セキュリティーを高めるためにICMPパケットをフィルタしている場合があります。その場合にも「*」が表示されます。

◆tracert コマンドのオプション

オプション 説明
-d アドレスをホスト名に解決しません。
-h maximum_hops ターゲットを検索するときの最大ホップ数です。
-j host-list host-list で指定された緩やかなソース ルートを使用します(IPv4 のみ)。
-w timeout timeout ミリ秒間、応答を待ちます。
-R 往復のパスをトレースします (IPv6 のみ)。
-S srcaddr 使用するソース アドレスです (IPv6 のみ)。
-4 IPv4 の使用を強制します。
-6 IPv6 の使用を強制します。

 次の「tracert / traceroute の仕組み」では、tracert / traceroute コマンドの動作・仕組みについて説明してゆきます。

ping コマンド(エラーメッセージ)」 ← 前項 | 次項 → 「tracert / traceroute の仕組み

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.