@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > ルータを超える場合のARP その2

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ルータを超える場合のARP その2

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆ルータを超える場合のARP その2

ルータを超える場合のARP その2」の続きです。

コンピュータAがコンピュータFと通信する時の宛先アドレスは、以下のようになります。

<コンピュータA → ルータ間>
宛先MACアドレス ルータのF0のMACアドレス
送信元MACアドレス コンピュータAのMACアドレス
宛先IPアドレス コンピュータFのIPアドレス
送信元IPアドレス コンピュータAのIPアドレス

ルータを越える先にある端末との通信は、全て、デフォルトゲートウェイに送られることになります。


 パケットを受け取ったルータは、ルーティングテーブルを参照します。ルーティングテーブルとは、宛先ネットワークへ到達するには、どのインタフェースから送出させればよいのかを一覧としてまとめたものです。

※隣のどのルータに渡せばよいのかを指示している場合もあります。

例えば、ルータが以下のようなルーティングテーブルを持っていたとします。

宛先ネットワーク 送出インタフェース
192.168.1.0/24 F0
192.168.2.0/24 F1

宛先IPアドレス「192.168.2.1」に最もふさわしいエントリーが、「192.168.2.0/24」であると判断されます。

すると、宛先である「192.168.2.1」へは、パケットをF1から送出させればよいことが分かります。

 また、「192.168.2.1」が所属するネットワーク「192.168.2.0/24」は、ルータに直接接続されていることも分かります。

 つまり、次のルータに「192.168.2.1」宛てのパケットを転送しなくとも、このルータから直接、パケットを配送できることが分かります。

 ルータは、F1に関連付けられた自分のARPテーブルのエントリーに「192.168.2.1」があるかどうかを探します。
エントリーの一覧に、「192.168.2.1」に対応するMACアドレスがあれば、それを使います。

一覧になければ、ルータが、「192.168.2.1」のMACアドレスを調べるためにARP要求を行います。

 このようにして、宛先IPアドレス「192.168.2.1」に対応するMACアドレスを調べて、ルータは、宛先を以下のようにセットしたパケットをコンピュータFに転送します。

<ルータ → コンピュータF間>
宛先MACアドレス コンピュータFのMACアドレス
送信元MACアドレス ルータのF1のMACアドレス
宛先IPアドレス コンピュータFのIPアドレス
送信元IPアドレス コンピュータAのIPアドレス

 ルータを経由すると、宛先IPアドレス、送信元IPアドレスは、変わりませんが、MACアドレスは、ルータを超えるごとに、宛先MACアドレス、送信元MACアドレスが変わるようになっています。

ルータを超える場合のARP その1」 ← 前項 | 次項 → 「RARP その1

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.