@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > ARPテーブル その1

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ARPテーブル その1

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆ARPテーブル その1

 「ARP要求・ARP応答 その1」〜「ARP要求・ARP応答 その3」で説明したように、宛先のMACアドレスが分からない場合、ARPのプロセスを開始することによって、宛先MACアドレスを調べて学習します。

 そして、次からの通信に備えて、自分の持つARPテーブルに、学習した宛先IPアドレスとMACアドレスの対応情報を追加します。

 次の通信から、このARPテーブルを参照することで、MACアドレスを知ることができるので、ARPのプロセスを行わなくて済むようになっているのです。

それでは、

Windowsパソコンを使ってARPテーブルを見てゆきましょう。

コマンドプロンプトを起動します。

c:¥>arp -a

と入力します。

そうすると今現在の自分のパソコンのARPテーブルが表示されます。

ちなみに、ARPコマンドのオプションは以下のようになっています。

オプション 説明
-a (IP address) ARPキャッシュテーブルからエントリを表示する。
-d [IP address] (Interface) ARPエントリを削除する。
-g -aと同じ
-N [Interface] 指定したインタフェース番号のARPエントリを表示する。
-s [IP address] [Mac Address] (Interface) ARPテーブルに追加する。


このARPエントリー上にない同じネットワークに所属する他の端末と通信を行います。

 共有フォルダへのアクセスでも何でもかまいません。場合によっては、ウイルス対策ソフトのファイアウォール機能を解除しておきます。

 また、OS側のファイアウォールの設定も外しておきます。デフォルトでは、ICMPのECHO要求がブロックされるようになっているからです。

ローカルエリア接続に鍵が表示されていたら、ファイアウォールが設定されています。


ファイアウォールの設定を外したら、他の端末にPingを打ってみます。

例えば、

ping 192.168.1.1

と入力します。


再度、ARPテーブルを表示させます。

c:¥>arp -a

と入力します。

すると、新しいエントリーが表示されています。


「192.168.1.1」に対応するMACアドレスが追加されています。

しばらく、待ちます。10分程度待ちます。その間、「192.168.1.1」とは、一切、通信を行わないで下さい。

※Windowsパソコンでは、エントリとの通信が通常10分間、発生しなかったら、そのエントリはテーブルから削除されますが、Vistaの場合、時間がかかりますので、その場合は、もう一度、pingなどの通信を行ってみて下さい。

再び、ARPテーブルを表示します。

c:¥>arp -a

と入力します。

「192.168.1.100」対するエントリーが消えました。


 ARPテーブルは、定期的にリフレッシュされるので、しばらく通信がない場合は、ARPテーブル上からエントリーが削除されるようになっています。

このような仕組みになっているのには、理由があります。

その理由については、次の「ARPテーブル その2」で説明してゆきます。

ARP応答の中身」 ← 前項 | 次項 → 「ARPテーブル その2

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.