@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > ARP要求・ARP応答 その3

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ARP要求・ARP応答 その3

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆ARP要求・ARP応答 その3

ARP要求・ARP応答 その2」の続きです。

ARP要求を受け取ったコンピュータEは、自分のMACアドレスを知らせるためにARP応答を返します。

 コンピュータEは、宛先MACアドレスをコンピュータAのMACアドレス「00:17:42:5B:33:01」、目標IPアドレスを「192.168.1.1」としたユニキャストをネットワーク内に流します。


コンピュータEは、下のようなARP応答パケットをネットワーク内に流します。

宛先MACアドレス   ・・・ 00:17:42:5B:33:01 ←コンピュータAのMACアドレス
送信元MACアドレス ・・・ 00:17:42:5B:33:05 ←コンピュータEのMACアドレス
目標IPアドレス    ・・・ 192.168.1.1

実際のARP応答パケットの中身は、こちら「ARP応答の中身」を参考にして下さい。


ARP応答は、コンピュータAにユニキャストで送られます。

ARP要求はブロードキャスト、ARP応答はユニキャストで送られることに注意して下さい。


●ルータ、コンピュータB〜コンピュータDでは

 ARP応答は、ユニキャストです。宛先MACアドレスは、コンピュータAのMACアドレス「00:17:42:5B:33:01」になっています。

 このARP応答はこのネットワーク上のルータ、コンピュータB、コンピュータC、コンピュータDに届きますが、データリンク層レベルで自分宛でないことが分かるので、この時点で破棄します。

 ARP要求では、宛先MACアドレスがブロードキャストアドレスになっており、ネットワーク層レベルでないと破棄できませんでしたが、ユニキャストではデータリンク層レベルで破棄されるため、各端末への負荷は少なくなります。

※ARP応答が、全ての端末に届くと説明しましたが、スイッチなどの機器で各端末が接続されている場合は、この限りではありません。

●コンピュータAでは

 コンピュータAは、このARP応答を受け取り、コンピュータEのMACアドレスを知ることができます。

 そして、次からの通信に備えて、コンピュータAは、自分の持つARPテーブルに、コンピュータEのIPアドレスとMACアドレスの対応情報を追加します。

 コンピュータAは、次のコンピュータEとの通信は、このARPテーブルを参照することでコンピュータEのMACアドレスを知ることができるので、次の通信からコンピュータEへのARP要求は、行いません。

※ARPテーブルは、定期的にリフレッシュされるので、しばらく通信がない場合には、ARP要求が行われます。

ARP要求・ARP応答 その2」 ← 前項 | 次項 → 「ARP要求の中身

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.