@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > ARPとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ARPとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆ARPとは

 「IPアドレス(基本 その1)」〜「プライベートIPアドレス」で、IPアドレスについて、「MACアドレスとは」〜「MACアドレスフィルタリングにおける注意」で、MACアドレスの概要について、理解できたと思います。

 LANにおいては、イーサネットという仕組みで通信を行います。ここでは、IPアドレスとMACアドレスを使って、実際にどのように通信が行われるかについて説明してゆきます。

ここで、おさらいをしておきます。

IPアドレス ・・・ 論理アドレス
MACアドレス ・・・ 物理アドレス

と呼ばれています。

 IPアドレスは、あるネットワークに参加しているコンピュータに、グループ分けがし易いように人間が便宜上、勝手に設定するアドレスです。

 他のコンピュータから見れば、どのIPアドレスが振られたのか分かりません。また、別のネットワークにコンピュータを移動させた場合、人間がグループ分けし易いように、IPアドレスが変更されます。

 このように、IPアドレスだけでは、通信する相手が、どのIPアドレスを割り当てられたのか分かりませんし、通信する相手も自分のIPアドレスが分かりません。

 MACアドレスは、ハードウェア固有に割り当てれる番号で、この番号は、製造時にROMに書き込まれており、基本的に変更できません。(※変更することもできます。)

このMACアドレスは、他のネットワークに移動しても変わることはありません。

 イーサネットでは、このIPアドレスとMACアドレスの2つのアドレスを使用して、通信する相手を特定する仕組みを持っています。

 この仕組みは、ARP(Address Resolution Protocol)というプロトコルで実現されます。ARPとは、TCP/IPネットワークにおいて、IPアドレスからMACアドレスを求めるのに使われるプロトコルです。

※紛らわしいことにRARP(Reverse Address Resolution Protocol)も存在します。こちらは、MACアドレスを元にIPアドレスを求めるプロトコルです。紛らわしいことから、多くの検定試験で、ARPとRARPは、セットで出題されます。

ARPがどんなことを行うのかは、次のように例えることができます。

 例えば、メールでしか、やり取りしかしたことがないメル友の「A子さん」と、初めて会う約束をし、12時に駅前で待ち合わせることにしました。2人は初対面となります。その人とはメールで、文章しかやり取りしたことがなく、顔が分かりません。分かっているのは、名前だけです。

 あなたは、12時に待ち合わせの駅に行きました。駅前にはたくさんの人だかりがいました。あなたは、どうやって待ち合わせの人を見つけますか?

「Aさん」はどこだろう?

何もしなければ、顔が分からないので、いつまで経っても「A子さん」を見つけることはできません。

「A子さーーーーーん!」と大声で叫んだらどうでしょうか?


「A子さーーーん」

そこに「A子さん」がいれば、「A子さん」は、返事をしてくれるはずですよね!

「はーーい」


こうして、あなたは、名前しか知らない「Aさん」を見つけることができます。

この、みんなに、大声で叫んで、相手を見つける作業を行ってくれるのがARPなのです。

MACアドレスフィルタリングにおける注意」 ← 前項 | 次項 → 「ARPの仕組み

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.