@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > MACアドレス変更ツール

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆MACアドレス変更ツール

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆MACアドレス変更ツール

 MACアドレスは、ハードウェア固有のアドレスで、ベンダーが製造時にROMに番号順で書き込むため、基本的に重複することがないアドレスです。

 しかし、「MACアドレスを変更する」で紹介したように、ベンダーが提供するドライバーによっては、間単に、デバイスマネージャからMACアドレスを変更することができます。

MACアドレスを変更する方法には、次の方法があります。

・デバイスマネージャから設定する方法
・レジストリを編集する方法
・MACアドレス変更ツールを使用する方法

●レジストリを編集する方法

1.「regedit」などのレジストリ変更アプリケーションを起動する。
2. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\
{4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}」を開く。
3.「0000」、「0001」、「0002」、・・・と探して行き、変更したいネットワークアダプタを見つける。
4.MACアドレスを変更する。

しかし、この方法は、レジストリを直接編集するため、リスクの高い方法です。


●MACアドレス変更ツールを使用する方法

 「Technitium MAC Address Changer v5」や、「Mac MakeUP」などのMACアドレス変更ツールを使用します。

※これらのツールは、ウイルス対策ソフトによっては、ウイルスとして検出されます。これらのツールを使用することはオススメできません。利用は、あくまでも自己責任になります。

◆Technitium MAC Address Changer v5

◆Mac MakeUP

 通常のネットワークの使用では、MACアドレスを変更する必要は、ありません。MACアドレスフィルタリングの検証など以外で、変更しないようにして下さい。

 次の 「MACアドレスフィルタリングにおける注意」では、MACアドレスを使ってフィルタリングを行っている場合の注意点を説明してゆきます。

MACアドレス(ベンダー識別子:OUI)」 ← 前項 | 次項 → 「MACアドレスフィルタリングにおける注意

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.