@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > MACアドレスとは

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆MACアドレスとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆MACアドレスとは

 IPアドレスの概要は、大体理解できたとは思います。ここからは、このIPアドレスを使って、実際にどのように通信が行われるかを説明してゆきます。

 LANは、現在、イーサーネットという規格が最も使われています。そのイーサーネットでは、IPアドレスの他にMACアドレス(Media Access Control)を呼ばれるハードウェア固有のアドレスを使用します。

 そもそもIPアドレスは、論理的なアドレスで、あるPCに「192.168.1.1」を振ったところで、便宜上、人が勝手に設定しただけで、LAN上の他のPCは、そのPCに、どんなIPアドレスが、割当てられたのかは分かりません。

そこで、イーサネットでは、IPアドレスとMACアドレスを使用して通信を行うようになっています。

 MACアドレスは、ハードウェア固有のアドレスで、物理アドレスとも呼ばれます。NICやネットワーク機器に固有で割当てられる番号で、別のネットワークに移動させても変わることはありません。

MACアドレスには、次のルールがあります。

1.48bitのコードからなる。
2.OUIより、ベンダーを識別可能。
3.ベンダーが出荷時に書き込み、原則としてユーザーは操作しない。
4.原則として同じMACアドレスの機器は、存在しない。
5.48bitを8bitずつ、「:」で6つのブロックに区切り、16進数で表現する。例えば「00:00:0C:A6:38:D8」
※「-」や「.」で区切る場合もあります。
ベンダー識別子(OUI) 各ベンダーが管理するアドレス
第1オクテット 第2オクテット 第3オクテット 第4オクテット 第5オクテット 第6オクテット
MSB LSB
第1オクテット
8
    
4
     
2
     
1
    
8
    
4
     
2
U/L
1
I/G
I/G(Individual/Group)ビット 0 ユニキャストアドレス
1 マルチキャストアドレス
U/L(Universal/Local)ビット 0 ユニバーサルアドレス
1 ローカルアドレス
 オクテット内のビットで、最上位ビットは、MSB(Most Significant Bit、最下位ビットは、LSB(Least Significant Bit)と呼ばれ、第1オクテットのI/Gビット、U/Lビットは、特別な意味を持つビットとして規格化されています。
※伝送時には、各オクテットは、LSBからMSBの順に伝送されます。

プライベートIPアドレス」 ← 前項 | 次項 → 「MACアドレス(ブロードキャストアドレス)

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.