@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > デフォルトのサブネットマスク

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆デフォルトのサブネットマスク

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆デフォルトのサブネットマスク

ここでは、サブネットマスクの仕組みを簡単に説明します。

 サブネットマスクは、IPアドレス上のネットワークアドレス部分とホストアドレス部分の間仕切り位置を示すために使用するものです。

 では、どうやって、ネットワークアドレス部分とホストアドレス部分の間仕切りの位置を示すのかというと、以下のようなルールでサブネットマスクを作成します。

 ネットワーク部分 ・・・ 1
 ホスト部分     ・・・ 0

サブネットマスクは、IPアドレスと同じく、32ビットで構成されます。

例えば、クラスCのIPアドレス、「192.168.123.45」のデフォルトのサブネットマスクは、以下のようになります。


クラスCのデフォルトのネットワークアドレスは、上位3オクテットの24ビット分です。

その24ビットを「1」にします。

クラスCのデフォルトのホストアドレスは、最後の1オクテットの8ビット分です。

その8ビットを「0」にします。

つまり、「192.168.123.45」のデフォルトのサブネットマスクは、「255.255.255.0」になります。

ちなみに、各クラスのデフォルトのサブネットマスクは、以下のようになります。

クラスA ・・・ 255.0.0.0
クラスB ・・・ 255.255.0.0
クラスC ・・・ 255.255.255.0

サブネットマスクは、連続した「1」と「0」の組み合わせになります。

「10101010」のようには、なりません。「1」が続いた後に、「0」が続きます。

 しかし、サブネットマスクが、デフォルトのサブネットマスクしか使用できないのであれば、「サブネットマスクとは」でも説明したように、効率が良いとはいえません。

 それは、ネットワークへは、適切なサイズのネットワークアドレスを割り当てた方が、効率が良いし、運用し易いからです。

次の「サブネット分割」では、サブネットマスクを使ったサブネット分割の仕組について説明してゆきます。

サブネットマスクとは」 ← 前項 | 次項 → 「サブネット分割

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.