@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > TCP/IPの歴史

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆TCP/IPの歴史

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆TCP/IPの歴史

 TCP/IPは、1960年代後半にスタートした米国防総省のパケット交換型ネットワークの研究に端を発します。TCP/IPの運用歴史は古く、今では、インターネットのスタンダードになっています。

 当時のデータ通信の仕組みは、大型コンピュータ同士をモデムで結び、1つの回線で1組だけが占有するという非効率なものでした。

TCP/IPは、パケット交換による通信の仕組みです。1つの回線で複数組がデータ通信を行うことができます。

 TCP/IP、1969年に米国防総省の研究機関と米西海岸の4つの大学、研究所を結ぶパケット交換ネットワークとして運用がスタートしました。

これがインターネットの起点となるARPANETです。

 もともとARPANETは、軍事目的で核戦争などで、ネットワークの一部が破壊されても、残された部分でも機能する通信ネットワークを求めて開発されたものですが、これが、最終的に現在のインターネットなにっています。

●TCP/IP年表
1960年代後半 米国防総省、パケット交換型ネットワークの研究に着手する。
1969年 パケット交換型ネットワークのARPANETの運用が始まる。
1975年 TCP/IPの公開、試験運用が始まる。
1983年 ARPANETの標準プロトコルとして採用する。
BSDが、UNIXとして、初めてTCP/IPを標準実装する。
Sun Micro Systemsが自社UNIXにTCP/IPを実装する。
1980年代後半 UNIX系システムを中心にLANで普及してゆく。
1990年代前半 PCへの普及が始まる。(WinSock、MacTCP)
1995年 Windows95で、WinSockが標準実装する。
2000年頃 ブロードバンドの普及

 1995年度末にWindows95が発売された辺りから、一般家庭でもTCP/IPがなじみ深いものになってゆきます。この辺りは、皆さんの記憶にも新しいところではないでしょうか。

 この後のTCP/IPの普及は目覚しいものがあります。2000年頃からは、各家庭へのブロードバンドの普及してゆきます。この辺りからは、TCP/IPは、私たちの生活に欠かせないものになっています。

RFCとは」 ← 前項 | 次項 → 「IPアドレス(基本 その1)

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.