@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > 複数のネットワーク結合

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆複数のネットワーク結合

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆複数のネットワーク結合

 前の「LAN通信の仕組み」で説明したように、LANの通信の仕組み上、宛先に送られたパケットは、途中で複製され、ネットワーク全体に伝播してゆきます。

例えば、下の図では、コンピュータAから送られたパケットはコンピュータB〜Eの全てに届いてしまいます。


それでは、このやり方で、ネットワークの規模を拡大していった場合は、どうなるでしょうか?

 LAN内の1台の端末が発した1つのパケットが、どんどん複製されてゆき、LAN全体に流れ、インターネットまで流れていってしまいます。

そして、あっという間にネットワーク全体が飽和状態になってしまいます。

 たとえ、同じLAN内の端末に宛てた通信であったとしても、このやり方では、世界中に駆け巡ってしまうことになります。そのパケットは、送信元と同じLAN内だけで流れれば十分です。それ以外のネットワークでは、このパケットは不要です。

 そこで、必要のないネットワークに無駄なトラフィックが流れないようにするために、レイヤ3で動作するルータやレイヤ2で動作するブリッジ、スイッチと呼ばれるネットワーク機器を設置してゆきます。


上のネットワーク構成では、ネットワークの境界にルータが設置されています。

 ルータは、異なるネットワークを接続する機器です。ルータは、宛先アドレスを見て、その宛先に該当するネットワークへの近辺と思われるネットワークだけにパケットを送り、不要な経路へパケットが流れないようにします。

このように、経路を選択することをルーティング(経路制御)」といいます。

LAN通信の仕組み」 ← 前項 | 次項 → 「TCPヘッダの構造

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.