@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > TCPの役割

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆TCPの役割

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆TCPの役割

TCPは、OSI参照モデル4層のトランスポート層に位置するプロトコルです。

TCPは、アプリケーションから渡されたデータを転送に最適なサイズに分割します。

このことを、セグメント分割といいます。



小分けにされたセグメントには、ヘッダが付けられます。

ヘッダには、以下のような情報などが含まれています。

●シーケンス番号

 送信元のTCPが割り振った順番どおりにデータを組み立て直し、アプリケーション層のプロトコルにデータを渡すための番号です。

 パケットは、送った順に届くとは限りませんし、送ったパケットが全て宛先に届くとは限りません。配送される際に、破棄されることもありますし、迷子になってしまうこともあります。


 上の図では、データ(パケット)は、下の経路を通っていますが、上の経路を通る場合もあります。パケットによって、目的地までの経路が異なる場合もあるのですから、パケットは、送った順に届くとは限りません。

●確認応答番号

 TCPによる通信では、パケットがちゃんと届いていれば、送信元に通知します。また、荷物が途中で壊れたり、紛失してしまった場合、そのことを通知したり、到着の通知がないことを確認することで、データを確実に相手に届けることができます。


 TCPが、こうした作業を行うことによって、送信元のアプリケーションは、配送ミスを気にするとなく、自分たちの仕事に専念できるようになっています。

 なお、データ通信には、信頼性が必要ないこともあります。TCPでは、確実にデータを相手に届けるための各種確認作業があるため、オーバーヘッドが大きいとデメリットがあります。

 そのため、TCP/IPネットワークでは、TCPの代わりにUDP(User Datagram Protocol)というプロトコルが用意されています。

経路制御」 ← 前項 | 次項 → 「UDPの役割

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.