@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > OSI参照モデルとプロトコル

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSI参照モデルとプロトコル

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSI参照モデルとプロトコル

 OSI参照モデルとは、コンピュータが持つべき通信機能を7階層に分割した参照モデルです。全てのプロトコルやネットワーク機器がOSI参照モデルに沿って実装されているわけではありません。

 一部のプロトコルによっては、複数の見解があり、複数の層にまたがるプロトコルも存在しています。ベンダーによって解釈が異なることもあります。

下の図は、見解の1つです。他の解説書には、別な見解で分類されている場合もあります。

  

 ネットワーク系の資格を受験する際は、問題集などをよく解いて、どのプロトコルが、どの階層に分類されるかを把握しておきましょう!

 例えば、ある資格では、下のプロトコルをセッション層のプロトコルとして考えています。セッション層は、TCP/IPモデルでは、存在しない層ですから判断が難しいところです。

<セッション層のプロトコル>
・NFS(Network File System)
・SQL(Structured Query Language)
・RPC(Remote Procedure Call)

トポロジーの種類(バス型・スター型・リング型)」 ← 前項 | 次項 → 「コリジョンドメインとは

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.