@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > OSI参照モデルとTCP/IPモデル

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSI参照モデルとTCP/IPモデル

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSI参照モデルとTCP/IPモデル

 OSI参照モデルの7階層モデルは、国際標準化機構(ISO)により定められていますが、TCP/IPモデルは、TCP/IPモデルは、米国防総省(DoD)が、作成したモデルです。

 このモデルは、どんな状況下においても、たとえ戦争が起きようと存続できるネットワークを設計するために作成されたものです。

 OSI参照モデルと、TCP/IPモデルの2つのモデルが存在し、少々ややこしいのですが、実際のネットワークでは、実装が容易ということで、TCP/IPモデルの方が浸透しています。

下の図に、OSI参照モデルとTCP/IPモデルの比較をしています。TCP/IP は、4層の参照モデルとなっています。


 OSI参照モデルのTCP/IP階層モデル第1層〜第2層は、ネットワークインタフェース層、OSI参照モデルの第3層は、TCP/IPモデルではインターネット層と呼ばれ、OSI参照モデルのTCP/IP階層モデル第5層〜第7層は、TCP/IPモデルでは、アプリケーション層と呼ばれます。


◆OSI参照モデルとTCP/IPモデルの比較

OSI参照モデル TCP/IPモデル
アプリケーション層
プレゼンテーション層
セッション層
アプリケーション層
トランスポート層 トランスポート層
ネットワーク層 インターネット層
データリンク層
物理層
ネットワークインタフェース層


◆TCP/IPの意味

 TCP/IPの意味ですが、以下のような意味があるので、状況に合わせて何を指しているのか判断する必要があります。

・TCP/IPモデルの4階層
・OSI参照モデルのレイヤ4プロトコルとしてのTCP
・OSI参照モデルのレイヤ3プロトコルとしてのIP

OSI参照モデル(データの流れ)」 ← 前項 | 次項 → 「データのカプセル化

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.