@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > OSI参照モデル(役割分担)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSI参照モデル(役割分担)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSI参照モデル(役割分担)

 OSI参照モデルは、国際標準化機構(ISO)によって制定されたモデルです。異機種間でデータ通信を実現するために、7階層(レイヤ)に分割してネットワーク構造の設計方針を定めています。俗にOSI7階層モデルと呼ばれることもあります。

●OSI7階層モデル

●第7層 アプリケーション層(Applications層)

ネットワークのサービスを提供する。アプリケーション間のデータのやり取りを規定する。

●第6層 プレゼンテーション層(Presentation層)

 セッションでやり取りされるデータの表現方法を規定する。データ変換 (文字コード:ASCII、EBCDICなど) ・圧縮を規定する。

●第5層 セッション層(Session層)

 セッション(通信の開始から終了まで)の手順を規定する。

●第4層 トランスポート層(Transport層)

 各ノードにおける2つのプロセス間の通信方法を規定する。再送、輻輳処理、信頼性のあるエンドツーエンドの通信を担当する。

●第3層 ネットワーク層(Network層)

ネットワーク上の2つのノード間の通信方法を規定する。ネットワークの経路選択・中継作業などを担当する。

●第2層 データリンク層(Data Link層)

物理的なノードアドレス、隣接ノード間での通信方法などを規定する。

●第1層 物理層(Physical層)

信号線の物理的な電気特性、ピンの形状、ケーブル特性、変調方法などを規定する。


 このように、各階層で役割分担を行うことで、ある階層の変更点が、他の階層に影響を及ぼさないようになります。その結果、各層において機能の変更や拡張が簡単にできるようになります。

 例えば、ツイストペアケーブルでネットワークに接続していたものを、無線接続に変更したとしても、3層より上の階層のプロトコルを変更する必要はありません。


◆OSI参照モデルのメリット

・ベンダ(メーカー)が違っていても、共通のモデルにより通信の互換が保てる。
・特定の層に仕様が変わったり、変更したとしても、他の層に影響を及ぼさなくて済む。
・ネットワーク通信を管理し易い小さな単位に分割することできる。
・各層の通信の仕組みを理解することで、ネットワークを学習するのが容易になる。

OSI参照モデル」 ← 前項 | 次項 → 「OSI参照モデル(データの流れ)

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.