@network Cisco・アライド実機で学ぶ > TCP/IP入門 > TCP/IPの不可解な用語

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆TCP/IPの不可解な用語

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆TCP/IPの不可解な用語

 今では、OS側で用意されている『インターネット接続ウイザード』がバージョンをあげるにつれ、不可解な用語があまり登場しなくなっています。

また、ISPの接続マニュアルの出来がよくなっているので接続に対して、あまり困ったことはないでしょう。

 Windows Vistaでは、『接続またはネットワークのセットアップ』で簡単にネットワークの設定ができるようになっています。

●接続またはネットワークのセットアップ



メールの設定も、ISPが提供してくれるマニュアルを参考にすれば簡単に接続できます。

●メールアカウントの設定



インターネット接続では、最低でも以下の設定が必要になってきます。

●ISPへの認証情報の設定
●プライマリDNSサーバの指定
●セカンダリDNSサーバの指定(任意)
●IPアドレス
●サブネットマスク
●デフォルトゲートウェイ
●SMTPサーバの指定
●POP3サーバの指定

これらの設定を、全て間違いなく、設定しなければインターネットに接続することができません。

 ウイザード形式では、なるべくTCP/IPの不可解な用語をなるべ見せないで、初心者の方でも簡単に設定できるように敷居が低くされています。

 これから、ネットワークを学習しようと思う方にとっては、これらの用語や設定の意味を理解する必要があります。これらの意味を知ることにより、インターネットへの接続、LANの構築ができるようになるのです。

 ここで登場する用語や設定は、実は、ネットワークにおけるプロトコル(約束事)の一部です。ネットワークを学習するということは、このプロトコル(約束事)を学習し理解するということなのです。

身近になったTCP/IP」 ← 前項 | 次項 → 「プロトコルとは

スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.