@network Cisco・アライド実機で学ぶ > SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ) > RIP(その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆RIP(その3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆RIP(その3)

RIP(その2)」の続きです。ここでは、設定したRIPを検証してゆきます。

使用するネットワークは、以下の構成です。


ここからは、ルータにコンソールで接続して確認してゆきます。

Router_Aのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Aの「show ip route」の出力
Gateway of last resort is not set

C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0
C    192.168.2.0/24 is directly connected, Ethernet0
R    192.168.3.0/24 [120/1] via 192.168.2.2, 00:00:01, Ethernet0

Router_Bのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Bの「show ip route」の出力
Gateway of last resort is not set

R    192.168.1.0/24 [120/1] via 192.168.2.1, 00:00:00, Ethernet0
C    192.168.2.0/24 is directly connected, Ethernet0
C    192.168.3.0/24 is directly connected, FastEthernet0

両ルータ共にRIPのエントリ「R」が存在します。

Router_Aで動作しているルーティングプロトコルを確認します。

●Router_Aの「show ip protocols」の出力
Router_A#show ip protocols
Routing Protocol is "rip"
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Sending updates every 30 seconds, next due in 25 seconds
  Invalid after 180 seconds, hold down 180, flushed after 240
  Redistributing: rip
  Default version control: send version 1, receive any version
    Interface             Send  Recv  Triggered RIP  Key-chain
    Ethernet0             1     1 2
    FastEthernet0         1     1 2
  Automatic network summarization is not in effect
  Maximum path: 4
  Routing for Networks:
    192.168.1.0
    192.168.2.0
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
    192.168.2.2          120      00:00:07
  Distance: (default is 120)

RIPが動作していることが確認できます。

PC_AからPC_BへPingを実行します。


Pingが届きます。

各ルータのコンフィグは、次の「RIP(その4)」で紹介します。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
RIP(その1)
RIP(その2)
RIP(その3)
RIP(その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.