@network Cisco・アライド実機で学ぶ > SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ) > NAT(その2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆NAT(その2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆NAT(その2)

NAT(その1)」の続きです。

引き続き、下図のネットワークをNATで設定してゆきます。


「基本NATウィザード」が起動します。

「次へ」ボタンををクリックします。


「インターネット接続の共有」が表示されます。

●NAT Inside の指定

まず、画面上段で、Internet側のインタフェースを指定します。

ここでは、「Ethernet0」を選択します。

●NAT Outside の指定

次に、画面下段で、NAT対象のトラフィックを指定します。

「192.168.1.0 から 192.168.1.255」を選択します。

設定が完了したら、「次へ」をクリックします。


「設定の要約」が表示されます。

内容を確認したら「完了」ボタンをクリックします。


「コマンド配信ステータス」が表示されます。

「OK」ボタンをクリックします。


「NAT構成の編集」タブに移ります。

画面下段を確認すると設定した内容が反映されていることが確認できます。


元のアドレス ・・・ 192.168.1.0-192.168.1.255

変換後のIPアドレス ・・・ 200.200.200.1

になっています。


Router_AへのNATの設定は、これで完了です。

「保存」をクリックします。


 続いて、Router_Bの設定を行いますが、インタフェースの設定しか行いませんので、ここでは、詳しい説明は省略します。

設定する内容は、以下の通りです。

・E0インタフェースに「200.200.200.2/24」を設定する。

これで、構成するネットワークの設定は全て完了です。

次の「NAT(その3)」で、設定した内容を確認してゆきます。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連コンテンツ>
NAT(その1)
NAT(その2)
NAT(その3)
NAT(その4)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.