@network Cisco・アライド実機で学ぶ > PLCでホームネットワーク構築 > PLCを使用して電気配線を通信回線として使う

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆PLCを使用して電気配線を通信回線として使う

※家庭でネットワークを構築する際に、PLCが便利です。ネットワークの専門的な知識がなくても簡単に設定を行うことができます。PLCアダプターを使えば、家中どこでも、コンセントがある部屋なら、どの部屋でもパソコンや地デジ対応テレビやゲーム機を接続してホームネットワークが構築できます。

スポンサードリンク

※Panasonicの「BL-PA100」を使用した構成例や設定例を紹介していますが、PLCを用いたネットワークの構成や設定は、どの機種も似たようなものです。他のPLCをお持ちの方でも、同じような構成や設定ができると思います。

◆PLCを使用して電気配線を通信回線として使う

 PLCでは、電気配線を通信回線として利用できます。電源プラグを電気コンセントに差し込むだけで、データ通信が可能になります。イーサネットケーブルの配線工事が必要ないという手軽さがPLCの魅力です。

電気コンセントは、どんなものでも利用できます。

●壁の電気コンセント

●延長した電源タップ


●様々な形状の電気コンセント


電源がとれるコンセントであれば、全て通信回線として利用することができます。

 通常、家のどの部屋にも、電源コンセントがあります。PLCを用いることで、家中の隅々まで簡単にネットワークを構築することができます。

次の「PLCの導入は超簡単(その1)」では、PLCを用いてホームネットワークを構築してゆきます。



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.