@network Cisco・アライド実機で学ぶ > オススメ!ネットワークツール紹介 > トラフィックモニター(EPDエポックパケットディテクター)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆トラフィックモニター(EPDエポックパケットディテクター)

スポンサードリンク

 「EPDエポックパケットディテクター」は、無料のトラフィックモニターツールです。手軽にトラフィックモニターを行うことができる優れたツールです。EPDのシェアウェア版だとフル機能が利用できますが、無料版でも機能的には十分です。

動作環境 Windows98/Me/NT4/2000/XP
URL http://homepage1.nifty.com/amimono/

 ついでにEPDのテーブル修復プログラムも一緒にダウンロードしておきましょう。テーブルが壊れて起動できなくなった時に使うと修復できます。修復ファイルは、「EPDTBRecov.lzh」です。

EPDTBRecov.lzh




ダウンロードした「EPDF.EXE」をダブルクリックするとファイルの解凍が始まり、以下のように展開されます。




「SETUP.EXE」をダブルクリックして、インストールします。


続いて、「WinPcap_3_0.exe」をダブルクリックしてインストールします。



 起動画面は、下のようになります。特定のパケットだけを指定して、キャプチャすることもできますし、どのパケットが多いのかグラフで確認することもできます。





 どのパケットが多いのか、グラフを見ると一目瞭然です。また、フィルターをかけて特定のパケットだけ監視することも可能です。



 トラフィックモニターする際は、ウイルス対策ソフトのファイヤウォール機能やWindowsのファイやウォールを、無効にしておくのを忘れないようにして下さい。受信するパケットがブロックされてモニターできなくなってしまいます。

トラフィックモニターする際の注意については、こちら「トラフィックモニターする際の注意点」で紹介しています。


スポンサードリンク



Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.