@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > VLANの設定(グローバル設定モード)その2

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆VLANの設定(グローバル設定モード)その2

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆VLANの設定(グローバル設定モード)その2

VLANの設定(グローバル設定モード)その1」の続きです。

ここでは、VTPの設定を行ってゆきます。



◆VTPの設定

 VTPを設定するには、各スイッチにVTPドメイン名を指定します。このドメイン名は、各スイッチで統一しておく必要があります。

Switch#vlan database
Switch(vlan)#vtp domain {VTPドメイン名}

※VTPドメインの名前は、1〜32文字まで

 続いて、スイッチが動作するモードを指定します。必ずVTPドメイン内に、1台以上のサーバモードのスイッチが必要になります。

Switch(vlan)#vtp {server|transparent|client}

モード VTPのリスニング VLANの作成 VLANの削除
サーバ
クライアント × ×
トランスペアレント ×
転送は行う
ローカルのみ ローカルのみ

●VTPのバージョン

 VTPは、バージョン1〜3まであります。これらは互換性がないため、バージョンを統一する必要があります。 バージョン3は、ほとんどサポートされていない状況なので、ここでは、バージョン2を設定してゆきます。

●S_AのVTPの設定

S_Aで、VTPの設定を行います。

S_A#vlan database
S_A(vlan)#vtp v2-mode
S_A(vlan)#vtp server
S_A(vlan)#vtp domain cisco
S_A(vlan)#exit
S_A#

S_Aにて、「show vtp status」コマンドを入力してステータスを確認します。

●S_Aの「show vtp status」コマンドの出力
S_A#show vtp status
VTP Version                     : 2
Configuration Revision          : 3
Maximum VLANs supported locally : 128
Number of existing VLANs        : 7
VTP Operating Mode              : Server
VTP Domain Name                 : cisco
VTP Pruning Mode                : Disabled
VTP V2 Mode                     : Enabled
VTP Traps Generation            : Disabled
MD5 digest                      : 0x25 0x68 0x38 0x0A 0x23 0xCD 0x9D 0x8B
Configuration last modified by 192.168.1.231 at 3-1-93 00:03:07
Local updater ID is 192.168.1.231 on interface Vl1 (lowest numbered VLAN interface found)

黄色の網掛けから分かるように、VTPのバージョンが2であることが確認できます。

●S_BのVTPの設定

S_Bで、VTPの設定を行います。

S_B#vlan database
S_B(vlan)#vtp v2-mode
S_B(vlan)#vtp client
S_B(vlan)#vtp domain cisco
S_B(vlan)#exit
S_B#reload

S_Bにて、「show vtp status」コマンドを入力してステータスを確認します。

●S_Bの「show vtp status」コマンドの出力
S_B#show vtp status
VTP Version                     : 2
Configuration Revision          : 3
Maximum VLANs supported locally : 250
Number of existing VLANs        : 7
VTP Operating Mode              : Client
VTP Domain Name                 : cisco
VTP Pruning Mode                : Disabled
VTP V2 Mode                     : Enabled
VTP Traps Generation            : Disabled
MD5 digest                      : 0x25 0x68 0x38 0x0A 0x23 0xCD 0x9D 0x8B
Configuration last modified by 192.168.1.231 at 3-1-93 00:03:07

黄色の網掛けから分かるように、VTPのバージョンが2であることが確認できます。

S_Bにて、「show vlan brief」コマンドで、VLAN情報の要約を表示します。

●「show vlan brief」コマンドの出力結果
S_B#show vlan brief

VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa0/1, Fa0/2, Fa0/4, Fa0/5
                                                Fa0/6, Fa0/7, Fa0/8, Fa0/9
                                                Fa0/10, Fa0/11, Fa0/12, Fa0/13
                                                Fa0/14, Fa0/15, Fa0/16, Fa0/17
                                                Fa0/18, Fa0/19, Fa0/20, Fa0/21
                                                Fa0/22, Fa0/23, Fa0/24, Fa0/25
                                                Fa0/26, Fa0/27, Fa0/28, Fa0/29
                                                Fa0/30, Fa0/31, Fa0/32, Fa0/33
                                                Fa0/34, Fa0/35, Fa0/36, Fa0/37
                                                Fa0/38, Fa0/39, Fa0/40, Fa0/41
                                                Fa0/42, Fa0/43, Fa0/44, Fa0/45
                                                Fa0/46, Fa0/47, Fa0/48, Gi0/1
                                                Gi0/2
20   sales                            active
30   marketing                        active
1002 fddi-default                     act/unsup
1003 trcrf-default                    act/unsup
1004 fddinet-default                  act/unsup
1005 trbrf-default                    act/unsup

S_Aで作成した、「VLAN 20」と「VLAN 30」がS_B上に存在することが確認できます。

設定の続きは、次の「VLANの設定(グローバル設定モード)その3」で行います。

VLANの設定(グローバル設定モード)その1」 ← 前項 | 次項 → 「VLANの設定(グローバル設定モード)その3





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.