@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > RSTPの設定例2(その1)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆RSTPの設定例2(その1)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆RSTPの設定例2(その1)

ここでは、下図のネットワークをRSTPで構築してゆきます。

R_AでVLAN間ルーティングを行い、VLANの管理はVTPで行うように設定してゆきます。



◆VLANの設定

S_Aスイッチ、S_BスイッチでVLANの設定を行います。

●S_AのVLANの設定

まず、S_AでVLANを作成して、インタフェースにVLANを割り当てます。

S_A(config)#vlan 10
S_A(config-vlan)#name sales
S_A(config-vlan)#vlan 20
S_A(config-vlan)#name marketing
S_A(config-vlan)#exit
S_A(config)#int f0/4
S_A(config-if)#switchport mode access
S_A(config-if)#switchport access vlan 10
S_A(config-if)#int f0/5
S_A(config-if)#switchport mode access
S_A(config-if)#switchport access vlan 20
S_A(config-if)#exit
S_A(config)#exit
S_A#

●S_AのVTPの設定

S_A#vlan database
S_A(vlan)#vtp v2-mode
S_A(vlan)#vtp server
S_A(vlan)#vtp domain cisco
S_A(vlan)#exit
S_A#

●S_BのVTPの設定

S_Bでは、まず、VTPの設定を先に行います。

S_B#vlan database
S_B(vlan)#vtp v2-mode
S_B(vlan)#vtp client
S_B(vlan)#vtp domain cisco
S_B(vlan)#exit
S_B#reload

S_Aで作成したvlan情報が、S_Bに伝搬していることを確認します。

S_B#show vlan brief

●S_Bの「show vlan brief」コマンドの出力
S_B#sh vlan brief

VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa0/1, Fa0/4, Fa0/5, Fa0/6
                                                Fa0/7, Fa0/8, Fa0/9, Fa0/10
                                                Fa0/11, Fa0/12, Fa0/13, Fa0/14
                                                Fa0/15, Fa0/16, Fa0/17, Fa0/18
                                                Fa0/19, Fa0/20, Fa0/21, Fa0/22
                                                Fa0/23, Fa0/24, Fa0/25, Fa0/26
                                                Fa0/27, Fa0/28, Fa0/29, Fa0/30
                                                Fa0/31, Fa0/32, Fa0/33, Fa0/34
                                                Fa0/35, Fa0/36, Fa0/37, Fa0/38
                                                Fa0/39, Fa0/40, Fa0/41, Fa0/42
                                                Fa0/43, Fa0/44, Fa0/45, Fa0/46
                                                Fa0/47, Fa0/48, Gi0/1, Gi0/2
10   sales                            active
20   marketing                        active
1002 fddi-default                     act/unsup
1003 trcrf-default                    act/unsup
1004 fddinet-default                  act/unsup
1005 trbrf-default                    act/unsup

S_BのインタフェースにVLANを割り当てます。

S_B#conf t
S_B(config)#int f0/4
S_B(config-if)#switchport mode access
S_B(config-if)#switchport access vlan 10
S_B(config-if)#int f0/5
S_B(config-if)#switchport mode access
S_B(config-if)#switchport access vlan 20


◆トランクポートの設定

S_Aスイッチ、S_Bスイッチでトランクポートの設定を行います。

●S_Aのトランクポート設定

S_Aスイッチで、R_AおよびS_Bスイッチへのトランクポートを設定します。

S_A(config)#int f0/1
S_A(config-if)#switchport mode trunk
S_A(config-if)#int f0/2
S_A(config-if)#switchport mode trunk
S_A(config-if)#int f0/3
S_A(config-if)#switchport mode trunk

●S_Bのトランクポート設定

S_Bスイッチで、S_Aスイッチへのトランクポートを設定します。

S_B(config)#int f0/2
S_B(config-if)#switchport mode trunk
S_B(config-if)#int f0/3
S_B(config-if)#switchport mode trunk


◆RSTPの設定

S_Aスイッチ、S_BスイッチでRSTPの設定を行います。

●S_AのRSTP設定

S_A(config)#spanning-tree mode rapid-pvst

●S_BのRSTP設定

S_B(config)#spanning-tree mode rapid-pvst

●S_Aでスパニングツリーのポートの確認をします。

S_A#show spanning-tree

●S_Aの「show spanning-tree」コマンドの出力
S_A#show spanning-tree

VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol rstp
  Root ID    Priority    32769
             Address     0006.2afb.9f80
             This bridge is the root
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     0006.2afb.9f80
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time 300

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/2            Desg FWD 19        128.2    P2p
Fa0/3            Desg FWD 19        128.3    P2p

黄色の網掛けからRSTPが有効になっていることが確認できます。

●S_Bでスパニングツリーのポートの確認をします。

S_B#show spanning-tree

●S_Bの「show spanning-tree」コマンドの出力
S_B#show spanning-tree

VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol rstp
  Root ID    Priority    32769
             Address     0006.2afb.9f80
             Cost        19
             Port        2 (FastEthernet0/2)
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     000c.30a0.1380
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time 300

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/2            Root FWD 19        128.2    P2p
Fa0/3            Altn BLK 19        128.3    P2p

黄色の網掛けからRSTPが有効になっていることが確認できます。

また、「Fa0/3」がブロッキングポートになっています。

 ここでは、ルートブリッジの選出について詳しく述べませんが、今回使用したスイッチでは、S_Aの方がMACアドレスが小さい値なので、S_Bの「Fa0/3」がブロッキングポートになっています。


◆RSTPの収束の確認

それでは、RSTPがどれほど早く収束するのかを確認してゆきます。

S_Bに挿してある「Fa0/2」ポートのケーブルを抜きます。

そして、素早く、S_Bで「show spanning-tree」コマンドを実行します。

S_B#show spanning-tree

●S_Bの「show spanning-tree」コマンドの出力
S_B#show spanning-tree

VLAN0001
  Spanning tree enabled protocol rstp
  Root ID    Priority    32769
             Address     0006.2afb.9f80
             Cost        19
             Port        3 (FastEthernet0/3)
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32769  (priority 32768 sys-id-ext 1)
             Address     000c.30a0.1380
             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec
             Aging Time 300

Interface        Role Sts Cost      Prio.Nbr Type
---------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------
Fa0/3            Root FWD 19        128.3    P2p

瞬く間に、「Fa0/3」がフォワーディングポートに切り替わります。

ルータの設定は、次の「RSTPの設定例2(その2)」で行ってゆきます。

RSTPの設定例1(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「RSTPの設定例2(その2)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.