@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > OSPF(Hello間隔・Dead間隔)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSPF(Hello間隔・Dead間隔)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆OSPF(Hello間隔・Dead間隔)

 ここでは、「OSPFの設定例」で構築した下のネットワークを用いて、OSPFネットワークにおけるHello間隔とDead間隔の関係について紹介します。


 OSPFの学習プロセスが実行され、ルーティングテーブルが完成すると隣接関係を維持するために、マルチキャストアドレス「224.0.0.5」を使ってHelloパケットを送信するようになります。

このHelloパケットを送信する間隔は、ネットワークの種類によって違ってきます。

●ブロードキャストネットワーク

・デフォルトのHello間隔 ・・・ 10秒
・デフォルトのDead間隔 ・・・ 40秒

●NBMAネットワーク

・デフォルトのハロー間隔 ・・・ 30秒
・デフォルトのデッド間隔 ・・・ 120秒

 デフォルトでは、Dead間隔は、Hello間隔の値の4倍の値に設定されています。Dead間隔とは、OSPFFルータが停止していると見なす時間です。Helloパケットが4回受信されないと無効であると判断します。

 Hello間隔、Dead間隔の設定は、管理者が自由に設定することができますが、隣接ルータ間で一致していなければなりません。EIGRPでは、異なる値でも問題ありませんでしたが、OSPFでは、合わせておく必要があるので注意して下さい。

●Hello間隔・Dead間隔の設定

Hello間隔、Dead間隔を設定するには、インタフェースコンフィグレーションモードで下のコマンドを実行します。

Router(config-if)#ip ospf hello-interval {秒数}

Router(config-if)#ip ospf dead-interval {秒数}

それでは、Router_AのHello間隔を変更するとどうなるか、確認してみましょう!

その前に、Router_AのHello間隔、Dead間隔を確認しておきます。

「show ip ospf interface」コマンドを入力します。

●「show ip ospf interface」コマンドの出力
Router_A#show ip ospf interface
Ethernet0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.1.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 192.168.1.1, Network Type BROADCAST, Cost: 10
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1
  Designated Router (ID) 192.168.1.1, Interface address 192.168.1.1
  No backup designated router on this network
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:00
  Neighbor Count is 0, Adjacent neighbor count is 0
Serial0 is up, line protocol is up
  Internet Address 172.16.0.1/30, Area 0
  Process ID 1, Router ID 192.168.1.1, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 1562
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:09
  Neighbor Count is 1, Adjacent neighbor count is 1
    Adjacent with neighbor 192.168.3.1
Serial1 is administratively down, line protocol is down
   OSPF not enabled on this interface

Serial0の「Hello間隔=10」、「Dead間隔=40」になっています。

それでは、Hello間隔を5に変更してみます。

Router_Aで次のコマンドを入力します。

Router_A(config)#interface serial 0
Router_A(config-if)#ip ospf hello-interval 5

そこで、もう一度、「show ip ospf interface」コマンドを入力します。

●「show ip ospf interface」コマンドの出力
Router_A#show ip ospf interface
Ethernet0 is up, line protocol is up
  Internet Address 192.168.1.1/24, Area 0
  Process ID 1, Router ID 192.168.1.1, Network Type BROADCAST, Cost: 10
  Transmit Delay is 1 sec, State DR, Priority 1
  Designated Router (ID) 192.168.1.1, Interface address 192.168.1.1
  No backup designated router on this network
  Timer intervals configured, Hello 10, Dead 40, Wait 40, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:07
  Neighbor Count is 0, Adjacent neighbor count is 0
Serial0 is up, line protocol is up
  Internet Address 172.16.0.1/30, Area 0
  Process ID 1, Router ID 192.168.1.1, Network Type POINT_TO_POINT, Cost: 1562
  Transmit Delay is 1 sec, State POINT_TO_POINT,
  Timer intervals configured, Hello 5, Dead 20, Wait 20, Retransmit 5
    Hello due in 00:00:04
  Neighbor Count is 0, Adjacent neighbor count is 0
Serial1 is administratively down, line protocol is down
   OSPF not enabled on this interface

Serial0がHello間隔が、5になっています。

Dead間隔は、自動的に20に変更されています。

それでは、Router_A、Router_Bのルーティングテーブルを見てみましょう!

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

C    192.168.1.0/24 is directly connected, Ethernet0
     172.16.0.0/30 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.0.0 is directly connected, Serial0

●Router_Bのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

C    192.168.3.0/24 is directly connected, Ethernet0
     172.16.0.0/30 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.0.0 is directly connected, Serial0

隣接関係が結べなくなったために、OSPFによるルートが消えています。

OSPFネットワークでは、隣接ルータ間で、合わせておかなけらばならないことが分かります。

次の「OSPF(検証コマンド)」では、OSPFの検証コマンドについて紹介します。

OSPFの設定例」 ← 前項 | 次項 → 「OSPF(検証コマンド)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.