@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > EIGRP(MD5認証)その2

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆EIGRP(MD5認証)その2

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆EIGRP(MD5認証)その2

 前の「EIGRP(MD5認証)その1」で、下図のネットワークをEIGRPで設定を行いました。ここでは、「MD5」に
よる認証の設定を行ってゆきます。

※IOSのバージョンが古すぎるとEIGRPの「MD5」認証設定ができないようなので注意して下さい。管理人の場合、IOS11.2では、実行できなかったため、IOSを12.4にバージョンアップして検証しています。


認証の設定の流れは以下の手順になります。

@「キーチェーン」を作成する。

Aキーを作成し、キーストリングを指定します。

BEIGRPで「MD5」認証を使用し、キーチェーンを適用します。



◆Router_AにおけるMD5認証の設定

それでは、Router_Aで、手順どおりに認証を設定してゆきます。

@「as100」という名の「キーチェーン」を作成する。

Router_A(config)#key chain as100

Aキー1を作成し、「cisco」というキーストリングを指定します。

Router_A(config-keychain)#key 1
Router_A(config-keychain-key)#key-string cisco
Router_A(config-keychain-key)#end

BEIGRPで「MD5」認証を使用し、キーチェーンには「as100」を適用します。

Router_A(config)#conf t
Router_A(config)#int s0
Router_A(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_A(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100
Router_A(config-if)#int s1
Router_A(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_A(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100

Router_Aのルーティングテーブルを確認してみます。

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       20.0.0.0 is directly connected, Serial1
     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.0.0.0 is directly connected, Serial0

ルーティングテーブルには、直接接続のルートしかありません。EIGRPによるルートが全て消えています。

 EIGRPのデバッグ情報を表示します。「debug ip eigrp」コマンドを使い、リアルタイムにEIGRPパケットの送受信されるさまを確認します。

Router_A#debug eigrp packets

●Router_Bのルーティングテーブル
Router_A#debug eigrp packets
EIGRP Packets debugging is on
    (UPDATE, REQUEST, QUERY, REPLY, HELLO, IPXSAP, PROBE, ACK)
00:26:28: EIGRP: Sending HELLO on Serial1
00:26:28:   AS 100, Flags 0x0, Seq 0/0 idbQ 0/0 iidbQ un/rely 0/0
00:26:29: EIGRP: ignored packet from 20.0.0.2 opcode = 5 (invalid authentication)
00:26:30: EIGRP: ignored packet from 10.0.0.1 opcode = 5 (invalid authentication)

「(invalid authentication)」と表示され、パケットが無視されいることが分かります。

デバッグを中止します。

Router_A#no debug eigrp packets

Router_B、Router_Cにおいても、MD5の設定を行ってゆきます。


◆Router_BにおけるMD5認証の設定

以下のコマンドを入力し、MD5を設定します。

Router_B(config)#key chain as100
Router_B(config-keychain)#key 1
Router_B(config-keychain-key)#key-string cisco
Router_B(config-keychain-key)#end
Router_B(config)#conf t
Router_B(config)#int s0
Router_B(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_B(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100
Router_B(config-if)#int s1
Router_B(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_B(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100


◆Router_CにおけるMD5認証の設定

以下のコマンドを入力し、MD5を設定します。

Router_C(config)#key chain as100
Router_C(config-keychain)#key 1
Router_C(config-keychain-key)#key-string cisco
Router_C(config-keychain-key)#end
Router_C(config)#conf t
Router_C(config)#int s0
Router_C(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_C(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100
Router_C(config-if)#int s1
Router_C(config-if)#ip authentication mode eigrp 100 md5
Router_C(config-if)#ip authentication key-chain eigrp 100 as100

Router_Aのルーティングテーブルを確認してみます。

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       20.0.0.0 is directly connected, Serial1
     172.17.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
D       172.17.1.0 [90/2297856] via 20.0.0.2, 00:01:00, Serial1
D       172.17.0.0 [90/2297856] via 20.0.0.2, 00:01:00, Serial1
     172.16.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
D       172.16.0.0 [90/2297856] via 10.0.0.1, 00:01:17, Serial0
D       172.16.1.0 [90/2297856] via 10.0.0.1, 00:01:17, Serial0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.0.0.0 is directly connected, Serial0
     30.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
D       30.0.0.0 [90/2681856] via 10.0.0.1, 00:01:00, Serial0
                 [90/2681856] via 20.0.0.2, 00:01:00, Serial1

EIGRPによる経路が復活しました。

EIGRP(MD5認証)その1」 ← 前項 | 次項 → 「EIGRP(手動経路集約)その1





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.