@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > EIGRP(検証コマンド)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆EIGRP(検証コマンド)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆EIGRP(検証コマンド)

 「EIGRPの設定例1」では、下のネットワークをEIGRPで構築しました。ここでは、このEIGRPネットワークを検証コマンドを使って確認してゆきます。



show ip route

ルーティングテーブルを確認するには、「show ip route」コマンドを使います。

Router#show ip route

Router_A、Router_Bのルーティングテーブルを確認すると次のように表示されます。

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

C    172.16.0.0/16 is directly connected, Ethernet0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
D    172.18.0.0/16 [90/2195456] via 172.17.0.2, 00:01:33, Serial0

●Router_Bのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

D    172.16.0.0/16 [90/2195456] via 172.17.0.1, 00:00:02, Serial0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Ethernet0

 「IGRPの設定例1」で上と同じネットワークをIGRPで構築しました。ルーティングテーブルを確認すると以下のようになっています。

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

C    172.16.0.0/16 is directly connected, Ethernet0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
I    172.18.0.0/16 [100/8576] via 172.17.0.2, 00:00:41, Serial0

●Router_Bのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

I    172.16.0.0/16 [100/8576] via 172.17.0.1, 00:00:45, Serial0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Ethernet0

EIGRPで学習したルートのメトリック ・・・ 2195456
IGRPで学習したルートのメトリック ・・・ 8576

になっています。

8576(IGRPのメトリック) × 256 = 2195456(EIGRPのメトリック)

IGRPのメトリックの256倍が、EIGRPのメトリックになっていることが分かります。


show ip protocols

 「show ip protocols」は、現在、ルータで稼動しているルーティングプロトコルを確認することができます。ルーティングプロトコルの各種タイマ値やアドミニストレーティブディスタンス値などが確認できます。

Router#show ip protocols

●「show ip protocols」の出力
Router_A#show ip protocols
Routing Protocol is "eigrp 1"
  Outgoing update filter list for all interfaces is not set
  Incoming update filter list for all interfaces is not set
  Default networks flagged in outgoing updates
  Default networks accepted from incoming updates
  EIGRP metric weight K1=1, K2=0, K3=1, K4=0, K5=0
  EIGRP maximum hopcount 100
  EIGRP maximum metric variance 1
  Redistributing: eigrp 1
  Automatic network summarization is in effect
  Automatic address summarization:
    172.17.0.0/16 for Ethernet0
    172.16.0.0/16 for Serial0
  Routing for Networks:
    172.16.0.0
    172.17.0.0
  Routing Information Sources:
    Gateway         Distance      Last Update
    172.17.0.2            90      01:31:47
  Distance: internal 90 external 170

出力を確認するとアドミニストレーティブディスタンスの値が、内部が90、外部が170になっていることが分かります。


show ip eigrp topology

 EIGRPのトポロジーテーブルを表示します。トポロジテーブル内の全てのフィージブルサクセサを表示します。今回は、迂回経路がないのでフィージブルサクセサは、存在しません。

●「show ip eigrp topology」の出力
Router_A#show ip eigrp topology
IP-EIGRP Topology Table for process 1

Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
       r - Reply status

P 172.16.0.0/16, 1 successors, FD is 281600
         via Connected, Ethernet0
P 172.17.0.0/16, 1 successors, FD is 2169856
         via Connected, Serial0
P 172.18.0.0/16, 1 successors, FD is 2195456
         via 172.17.0.2 (2195456/281600), Serial0


show ip eigrp topology all-links

 EIGRPのトポロジーテーブル内の全てのルートを表示します。フィージブルサクセサ以外も表示されます。今回は、迂回経路がないのでフィージブルサクセサは、存在しません。

●「show ip eigrp topology all-links」の出力
Router_A#show ip eigrp topology all-links
IP-EIGRP Topology Table for process 1

Codes: P - Passive, A - Active, U - Update, Q - Query, R - Reply,
       r - Reply status

P 172.16.0.0/16, 1 successors, FD is 281600, serno 2
         via Connected, Ethernet0
P 172.17.0.0/16, 1 successors, FD is 2169856, serno 1
         via Connected, Serial0
P 172.18.0.0/16, 1 successors, FD is 2195456, serno 3
         via 172.17.0.2 (2195456/281600), Serial0


show ip eigrp neighbor

EIGRPのネイバーテーブルを表示します。「detail」オプションを付けるとより詳細に表示されます。

●「show ip eigrp topology」の出力
Router_A#show ip eigrp neighbors
IP-EIGRP neighbors for process 1
H   Address                 Interface   Hold Uptime   SRTT   RTO  Q  Seq
                                        (sec)         (ms)       Cnt Num
0   172.17.0.2              Se0           11 01:59:19   24   200  0  2

次は、「EIGRP(debugコマンド)」でEIGRPのデバッグコマンドを確認してみます。

EIGRPの設定例1」 ← 前項 | 次項 → 「EIGRP(debugコマンド)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.