@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ICND2実機で学ぶ > BGP(経路情報流入による過負荷を防ぐ2)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆BGP(経路情報流入による過負荷を防ぐ2)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。



◆BGP(経路情報流入による過負荷を防ぐ2)

ここでは、「BGP(経路情報流入による過負荷を防ぐ1)」で構築したBGPネットワークを検証してゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。



◆BGPテーブルの確認

ISP1、ISP2のBGPテーブルを確認します。

●ISP1のBGPテーブル
ISP1#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 192.168.100.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 192.168.1.0      172.16.0.1             0         32768 i
*> 192.168.100.0    0.0.0.0                0         32768 i
*> 192.168.200.0    10.10.10.2             0             0 200 i

●ISP2のBGPテーブル
ISP2#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 192.168.200.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 192.168.1.0      10.10.10.1             0             0 100 i
*> 192.168.100.0    10.10.10.1             0             0 100 i
*> 192.168.200.0    0.0.0.0                0         32768 i


◆ルーティングテーブルの確認

各ルータのルーティングテーブルを確認してみます。

●Router_Aのルーティングテーブル
Gateway of last resort is 172.16.0.2 to network 0.0.0.0

C    192.168.1.0/24 is directly connected, Ethernet0
C    172.16.0.0/16 is directly connected, Serial0
S*   0.0.0.0/0 [1/0] via 172.16.0.2

●ISP1のルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.10.10.0 is directly connected, Serial1
C    192.168.100.0/24 is directly connected, Ethernet0
S    192.168.1.0/24 [1/0] via 172.16.0.1
B    192.168.200.0/24 [20/0] via 10.10.10.2, 00:21:04
C    172.16.0.0/16 is directly connected, Serial0

●ISP2のルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.10.10.0 is directly connected, Serial0
B    192.168.100.0/24 [20/0] via 10.10.10.1, 00:20:20
B    192.168.1.0/24 [20/0] via 10.10.10.1, 00:20:20
C    192.168.200.0/24 is directly connected, Ethernet0

ここで、もう一度、設定したことを確認してみます。

Router_Aには、ISP1へのデフォルトルートがある。

ISP1には、BGPルート「192.168.200.0」のルートがある。

ISP2には、BGPルート「192.168.1.0」のルートがある。

ISP2には、BGPルート「192.168.100.0」のルートがある。

●Pingによる疎通確認

Router_Aから拡張Pingを行います。

●Router_Aから拡張Ping
Router_A#ping
Protocol [ip]:
Target IP address: 192.168.200.1
Repeat count [5]:
Datagram size [100]:
Timeout in seconds [2]:
Extended commands [n]: y
Source address or interface: 192.168.1.1
Type of service [0]:
Set DF bit in IP header? [no]:
Validate reply data? [no]:
Data pattern [0xABCD]:
Loose, Strict, Record, Timestamp, Verbose[none]:
Sweep range of sizes [n]:
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.200.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 56/59/64 ms
Router_A#

 このように、ISP1が、ISP2から学習した経路情報を顧客である企業AのRouter_Aにアドバタイズしないようにすることで、Router_Aはインターネットからの大量のルートを流入を防ぎ、過負荷状態になることを避けることができます。

BGP(経路情報流入による過負荷を防ぐ1)」 ← 前項 | 次項 → 「不連続サブネット問題(RIP)その1





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.