@network Cisco・アライド実機で学ぶ > ホームネットワーク構築 > イーサネットコンバータ

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆イーサネットコンバータ
スポンサードリンク

◆イーサネットコンバータ

 既存の有線LANポート搭載機器を手軽に無線化するEthernet変換メディアコンバータを利用して、無線LANを拡張することもできます。

※注意:下のリンクは、イーサネットコンバータへのリンクでない時があります。

 イーサネットコンバータとは、無線LANルータからWAN接続機能やルーティング機能を取り除き無線アクセスポイントに特化した製品とイメージすると製品の特徴が分かりやすいと思います。

 少し紛らわしいのですが、イーサネットコンバータと「WDS」機能を持った無線LAN機器で出来ることに、目立った違いはありません。どちらの機器を使っても同じような無線LANネットワークを構築することができます。どちらを使うかは、値段と個人の好みだと思います。

 ただ、イーサネットコンバータは、デジタル家電や家庭用ゲーム機を無線LAN化するために特化した製品なので、設定が比較的簡単だったり、コンパクトに設計されているのでどこにでも設置できるようになっています。

 購入するのであれば、製品本体にLANポートが4ポートぐらい付いている製品がオススメです。新たに、Switchを接続してポートの数を増やす必要がないからです。

下の図は、イーサネットコンバータを使って無線LANネットワークを構築した場合のイメージ図です。

イーサネットコンバータを使った無線LAN

 LANポートが搭載されているデスクトップパソコン、ノートパソコンはもちろんプリンター、デジタル家電、家庭用ゲーム機を手軽に無線LAN化できます。接続する機器には、ドライバソフトのインストール等が不要でイーサネットアダプタに接続するだけで簡単に利用できます。

 最近の無線LANルータには、電波がよく飛ぶ、電波出力強化機能が付いている製品が多いので、1台無線LANルータがあれば、家中の無線LAN機能を持った機器を接続できる場合が、多いのですが、デジタル家電やゲーム機では無線LAN機能を持っていないものもたくさん存在します。

 そういった意味で、イーサネットコンバータは、LAN機能として有線LANポートのみしかない液晶テレビやDVDレコーダー、ゲーム機などのデジタル家電を、手軽に簡単に無線化できるので、魅力的です。

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.