@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > 索引・Ciscoコマンドリファレンス(英数字・C−D)

スポンサードリンク
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆索引・Ciscoコマンドリファレンス(英数字・C−D)
スポンサードリンク

英数字・A−B C−D E−H I−J K−M N−O P−R  T−Z

■ C

cdp
CDPは、「Cisco Discovery Protocol」の略。シスコ製品同士であれば、隣接機器の情報を知ることができます。
cdp enable インタフェース上でCDPを有効にする。
cdp run CDPをデバイス全体で有効にする。
clear ip route * ルーティングテーブルを全て消去する。
clear ip nat translations * 現在のダイナミックNATの変換を全てクリアを全てクリアしたい場合や、ダイナミックNATの設定を途中で変更したい場合に使用するコマンド。
CHAP 暗号化したパスワードを交換。定期的に毎回違う文字列で認証を行う。
Cisco HDLC CiscoルータのSerialインタフェースののデフォルトのカプセル化。
connected 直接そのネットワークへ接続しているという意味。
config-register NVRAMに保存されるルータの起動に関わる値を変更するコマンド。
config-register 0x2100 ROMモニタで起動するように、コンフィグレーションレジスタの値を0x2100に変更する。
configure terminal 特権モード → グローバル設定モード
confreg ROMモニタモードでコンフィグレーションレジスタの値を変更する。
confreg 0x2142 ROMモニタモードでコンフィグレーションレジスタの値を「0x2142」に変更する。パスワードリカバリー時に用いる。
console接続 ルータのConsoleポートにRJ-45コネクタのついたコンソールケーブルを接続する。
console port パソコンのシリアルコネクタに直接接続してルータを設定する際に使用するポートです。
copy flash tftp flash上のIOSをTFTPサーバに保存する。
copy running-config startup-config RAMにある「running-config」を、「startup-config」にコピーします。
copy running-config tftp RAMの「running-config」をTFTPサーバにコピーします。
copy startup-config running-config NVRAMに保存されている「startup-config」を「running-config」にマージします。
copy tftp flash TFTPサーバ上のIOSをルータのflashにダウンロードする。
copy tftp running-config TFTPサーバから、設定ファイルをRAMにダウンロードします。
clear line ログインされているセッションを切断するコマンド。
clock rate ルータにクロックレートを設定する。
CTRL + SHIFT + 6 途中で中止したい場合に使用するキーの組み合わせ。
■ D
Dead間隔 Dead間隔とは、OSPFFルータが停止していると見なす時間
debug eigrp packet EIGRPのパケットのアップデート、Hello、クエリ、応答などが表示されます。
debug ip eigrp EIGRPのデバッグ情報を表示する。リアルタイムにEIGRPパケットの送受信されるさまを確認できます。
debug ip igrp events IGRPのルーティングアップデートの要約情報を確認するコマンド。
debug ip igrp transactions IGRPのルーティングアップデートの詳細情報を確認するコマンド。
debug ip nat リアルタイムにアドレス変換を確認するコマンド。
debug ip packet IPパケットをモニタする。
debug ip rip RIPによるルーティング情報の送受信状況を表示する。
debug ip rip event RIPによるルーティングアップデートの要約情報を表示する。
debug ppp negotiation PPPのネゴシエーションを確認する。
default-information originate OSPFにおいて、「ip route 0.0.0.0 0.0.0.0」で指定したデフォルトルートを伝播させる。
default-router DHCPプールの設定において、デフォルトゲートウェイのIPアドレスを指定する。
delete flash: flashに保存されているファイルを指定して削除する。
delete vlan.dat VLAN設定情報を削除する。
description 各インタフェースに、説明文を加えるコマンド。
dir flash: Catalystスイッチのflashディレクトリを確認する。
disable 特権モード → ユーザモード
disconnect 中断しているセッションを切断する。
DLCI フレームリレーにおける識別子。
dns-server DHCPプールの設定において、DNSサーバのIPアドレスを指定する。
DR 「代表ルータ(designated router)」と呼ばれる。
DROTHER DR、BDRに選出されなかったルータ。
duplex {auto | full | half} ポートの動作モードを自動、全二重、半二重に切り替える。
Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.