@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > IEEE802.1X(SwimRadius編 その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IEEE802.1X(SwimRadius編 その3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆IEEE802.1X(SwimRadius編 その3)

 「IEEE802.1X(SwimRadius編 その2)」の続きです。ここでは、SwimRadiusをインストールと設定を行ってゆきます。

使用するネットワーク構成は、以下のようになります。



◆SwimRadiusのファイル構成

 「SwimRadius」をは、アライドテレシス(Allied Telesis)社のホームページからダウンロードします。有料のソフトウェアですが、インストール後 30 日間のフリーライセンスで試すことができます。

 コンテンツを作成している段階で、ファイルは、3つで構成されていました。定期的にバージョンアップしているようなので、ファイルの構成は、今後変わるかもしれません。

●RADIUSサーバ ソフトウェア

RADIUSサーバ本体です。一般的なRADIUSサーバの機能とポリシーの指定などの機能を持っています。

●RADIUSクライアント ソフトウェア

サプリカントではありません。Windowsが標準で持っているIEEE802.1Xの認証機能に加えて、セキュリティー機能を強化したい場合に使用します。

●マニュアル

インストール、設定方法が記載されています。


◆SwimRadiusのインストールと設定

 ここでは、基本的なIEEE802.1Xの認証機能を利用するだけなので、「RADIUSサーバ ソフトウェア」のみをインストールしてゆきます。

 インストールは簡単です。詳しくはマニュアルに記載されています。ダウンロードした「RADIUSサーバ ソフトウェア」のファイルをダブルクリックすることでインストールが始まります。「次へ」をクリックします。


 基本的に、「次へ」をクリックして進めればインストールが完了します。途中、「シリアル番号」と「認証キー」を入力します。

インストールが完了したら、「SwimRadius」を起動させます。

ユーザ名: Administrator
パスワード: (なし)

を入力して「ログイン」ボタンを押します。

アライドテレシス機器と言えば、ユーザ名「manager」、パスワード「friend」ですが、違いますので注意して下さい。


起動すると下の画面が表示されます。


「設定」→「認証情報管理」をクリックします。


「新規作成」をクリックします。


ユーザ登録画面が表示されます。


●ユーザID: user-1
●パスワード: user-1
●認証方式: EAP-MD5
●有効期限: デフォルトを使用します。1年後が有効期限になっています。
●ユーザ名: PC_A
ユーザIDに対応した任意の文字列を設定します。
●セキュリティソフトチェックの機能は使用しないので、チェックを外しておきます。


入力が完了したら「OK」ボタンをクリックします。

作成したアカウントが表示されます。


「OK」ボタンをクリックします。

元の画面に戻ります。


「設定」→「RADIUSクライアント設定」をクリックします。


「新規作成」をクリックします。


オーセンティケータの情報を入力します。


入力したら「OK」ボタンをクリックします。

登録した「RADIUSクライアント」が表示されます。


「OK」ボタンをクリックします。

これで、「SwimRadius」のインストールと設定は、完了です。

次の「IEEE802.1X(SwimRadius編 その4)」では、構築したIEEE802.1Xを検証してゆきます。

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP) Switch演習  

Fast Ether Channel とは その1
Fast Ether Channel(固定 その1)
Fast Ether Channel(固定 その3)
Fast Ether Channel(LACP その1)
Fast Ether Channel(LACP その3)
Fast Ether Channel(PAgP その1)
Fast Ether Channel(PAgP その3)
SPAN(ミラーリング その1)
SPAN(ミラーリング その3)
IEEE802.1Xとは(その1)
IEEE802.1X(Windows XP・Vistaの設定)
VNCでLinuxを遠隔操作(その1)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その1)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その1)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その3)
リモートデスクトップで遠隔操作(その1)
Server2003でRADIUSサーバ(その1)
Server2003でRADIUSサーバ(その3)
Server2003でRADIUSサーバ(その5)
Server2003でRADIUSサーバ(その7)
Server2003でRADIUSサーバ(その9)
Server2003でRADIUSサーバ(その11)
IEEE802.1X(Server2003編 その1)
IEEE802.1X(Server2003編 その3)
IEEE802.1X(Server2003編 その5)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その1)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その3)
Fast Ether Channel とは その2
Fast Ether Channel(固定 その2
Fast Ether Channel(固定 その4)
Fast Ether Channel(LACP その2)
Fast Ether Channel(LACP その4)
Fast Ether Channel(PAgP その2)
Fast Ether Channel(PAgP その4)
SPAN(ミラーリング その2)
SPAN(ミラーリング その4)
IEEE802.1Xとは(その2)
LinuxでRADIUS構築(FreeRADIUS)
VNCでLinuxを遠隔操作(その2)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その2)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その4)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その2)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その4)
リモートデスクトップで遠隔操作(その2)
Server2003でRADIUSサーバ(その2)
Server2003でRADIUSサーバ(その4)
Server2003でRADIUSサーバ(その6)
Server2003でRADIUSサーバ(その8)
Server2003でRADIUSサーバ(その10)
Server2003でRADIUSサーバ(その12)
IEEE802.1X(Server2003編 その2)
IEEE802.1X(Server2003編 その4)
IEEE802.1X(Server2003編 その6)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その2)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その4)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.