@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)

 「RADIUSサーバ(Linux 基本設定 その2)」の続きです。ここでは、Linux上に構築したRADIUSサーバを設定してゆきます。

使用するネットワーク構成は、以下のようになります。



◆IEEE802.1Xの設定(RADIUSサーバ)

Fedora8の場合、設定ファイルは、「/etc/raddb」にあります。

主に設定してゆくファイルは、以下のファイルになります。

●clients.conf (RADIUSクライアントとなるスイッチのIPアドレスやパスワードを記述する)
●eap.conf (認証方式を指定する)
●users (認証対象となるユーザIDやパスワードなどを記述する)



◆users ファイルの設定

users ファイルを設定します。このファイルに、認証対象となるユーザIDやパスワードなどを記述します。

【変更前】
# This is a complete entry for "steve". Note that there is no Fall-Through
# entry so that no DEFAULT entry will be used, and the user will NOT
# get any attributes in addition to the ones listed here.
#
#steve  Cleartext-Password := "testing"
#       Service-Type = Framed-User,
#       Framed-Protocol = PPP,
#       Framed-IP-Address = 172.16.3.33,
#       Framed-IP-Netmask = 255.255.255.0,
#       Framed-Routing = Broadcast-Listen,
#       Framed-Filter-Id = "std.ppp",
#       Framed-MTU = 1500,
#       Framed-Compression = Van-Jacobsen-TCP-IP


【変更後】
# This is a complete entry for "steve". Note that there is no Fall-Through
# entry so that no DEFAULT entry will be used, and the user will NOT
# get any attributes in addition to the ones listed here.
#
#steve  Cleartext-Password := "testing"
#       Service-Type = Framed-User,
#       Framed-Protocol = PPP,
#       Framed-IP-Address = 172.16.3.33,
#       Framed-IP-Netmask = 255.255.255.0,
#       Framed-Routing = Broadcast-Listen,
#       Framed-Filter-Id = "std.ppp",
#       Framed-MTU = 1500,
#       Framed-Compression = Van-Jacobsen-TCP-IP

user-1  Auth-Type := EAP,User-Password == "user-1"
user-2  Auth-Type := EAP,User-Password == "user-2"


◆clients.conf ファイルの設定

 RADIUSクライアントとなるスイッチのIPアドレスやパスワードを記述します。オーセンティケータとなるスイッチが所属するネットワーク番号を指定します。

【変更前】
#client 10.10.10.10 {
#       # secret and password are mapped through the "secrets" file.
#       secret      = testing123
#       shortname   = liv1
#       # the following three fields are optional, but may be used by
#       # checkrad.pl for simultaneous usage checks
#       nastype     = livingston
#       login       = !root
#       password    = someadminpas
#}


【変更後】
client 192.168.1.0/24{
        secret  = cisco
        shortname = CISCO
}

#client 10.10.10.10 {
#       # secret and password are mapped through the "secrets" file.
#       secret      = testing123
#       shortname   = liv1
#       # the following three fields are optional, but may be used by
#       # checkrad.pl for simultaneous usage checks
#       nastype     = livingston
#       login       = !root
#       password    = someadminpas
#}


◆eap.conf ファイルの設定

 eap.conf ファイルには認証方式を指定します。今回は、「md5」を認証方式にしますので、eap.conf ファイルを編集する必要はありません。

                # Supported EAP-types

                #
                #  We do NOT recommend using EAP-MD5 authentication
                #  for wireless connections.  It is insecure, and does
                #  not provide for dynamic WEP keys.
                #
                md5 {
                }


◆「radiusd」の再起動

設定の変更が、発生する度に、RADIUS Server daemon を再起動させる必要があります。

「radiusd」を再起動させるには次のコマンドを実行します。

# service radiusd restart


「radiusd」を再起動するには、「サービスの設定」から行うこともできます。

「サービスの設定」の「再起動」をクリックします。


しばらく待つと、再起動に成功したことを示すメッセージが表示されます。


これで、設定は完了です。

次の「IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その4)」では、構築したIEEE802.1Xを検証してゆきます。

<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆Cisco実機で学ぶ(CCNP) Switch演習  

Fast Ether Channel とは その1
Fast Ether Channel(固定 その1)
Fast Ether Channel(固定 その3)
Fast Ether Channel(LACP その1)
Fast Ether Channel(LACP その3)
Fast Ether Channel(PAgP その1)
Fast Ether Channel(PAgP その3)
SPAN(ミラーリング その1)
SPAN(ミラーリング その3)
IEEE802.1Xとは(その1)
IEEE802.1X(Windows XP・Vistaの設定)
VNCでLinuxを遠隔操作(その1)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その1)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その1)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その3)
リモートデスクトップで遠隔操作(その1)
Server2003でRADIUSサーバ(その1)
Server2003でRADIUSサーバ(その3)
Server2003でRADIUSサーバ(その5)
Server2003でRADIUSサーバ(その7)
Server2003でRADIUSサーバ(その9)
Server2003でRADIUSサーバ(その11)
IEEE802.1X(Server2003編 その1)
IEEE802.1X(Server2003編 その3)
IEEE802.1X(Server2003編 その5)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その1)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その3)
Fast Ether Channel とは その2
Fast Ether Channel(固定 その2
Fast Ether Channel(固定 その4)
Fast Ether Channel(LACP その2)
Fast Ether Channel(LACP その4)
Fast Ether Channel(PAgP その2)
Fast Ether Channel(PAgP その4)
SPAN(ミラーリング その2)
SPAN(ミラーリング その4)
IEEE802.1Xとは(その2)
LinuxでRADIUS構築(FreeRADIUS)
VNCでLinuxを遠隔操作(その2)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その2)
IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その4)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その2)
IEEE802.1X(Linux編 認証VLAN その4)
リモートデスクトップで遠隔操作(その2)
Server2003でRADIUSサーバ(その2)
Server2003でRADIUSサーバ(その4)
Server2003でRADIUSサーバ(その6)
Server2003でRADIUSサーバ(その8)
Server2003でRADIUSサーバ(その10)
Server2003でRADIUSサーバ(その12)
IEEE802.1X(Server2003編 その2)
IEEE802.1X(Server2003編 その4)
IEEE802.1X(Server2003編 その6)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その2)
IEEE802.1X(SwimRadius編 その4)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.