@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > ルート再配送(redistribute)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆ルート再配送(redistribute)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆ルート再配送(redistribute)

下の図を見て下さい。RIPとOSPFでネットワークが構築されています。


このネットワーク構成において

Router_A ・・・ RIPを設定
Router_B ・・・ RIP,OSPFを設定
Router_C ・・・ OSPFを設定

各ルータのルーティング設定を上のように行った場合

・RIP側に所属するRouter_Aは、OSPFネットワーク内のルート情報を学習できるのでしょうか?
・OSPF側に所属するRouter_Cは、RIPネットワーク内のルート情報を学習できるのでしょうか?

Router_Bは、RIP、OSPFネットワークに接続しています。

・Router_Bは、Router_AにOSPFルートを配布するのでしょうか?
・Router_Bは、Router_CにRIPルートを配布するのでしょうか?

特に何も設定しなければ、異なるルーティングプロセス間でルート情報がやり取りされることはありません。

ということは

・RIP側に所属するRouter_Aは、OSPFネットワーク内のルート情報を知らされません。
・OSPF側に所属するRouter_Bは、RIPネットワーク内のルート情報を知らされません。

そもそも、ルーティングプロトコルが違えば、メトリックも違いますし、アルゴリズムも違います。

考え方の違うネットワーク間でルート情報がやり取りされれば、混乱する原因になりかねません。

そこで、デフォルトでは、異なるルーティングプロセス間でルートの情報は、やり取りしないようになっています。

※IGRPとEIGRPは、自動で再配送を行います。


◆再配送を行うには

あるルーティングプロセスのルートを別のルーティングプロセスに配送するには、再配送の設定が必要です。

Router_Bは、RIPネットワーク、OSPFネットワークに接続しています。

Router_BにRIP,OSPFを設定を行えば

Router_Bは、RIPにより、「172.16.0.0/16」を学習します。

同様に

Router_Bは、OSPFにより、「172.19.0.0/16」を学習します。


Router_Bのルーティングテーブルには、次のルートが追加されることになります。

R 172.16.0.0/16 via Router_A
O 172.19.0.0/16 via Router_B

この学習したルートを


・RIPにより学習したルート「172.16.0.0/16」をOSPFへ
・OSPFにより学習したルート「172.19.0.0/16」をRIPへ

再配送させることで異なるルーティングプロセス間でルート情報をやり取りできるようになります。

ルータに再配送を設定するには、『redistribute』コマンドを使用します。

 再配送の設定については、次の「ルート再配送(再配送の設定)」で紹介します。ルート再配送では、シードメトリックの値が重要になってきます。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
ルート再配送(redistribute)
ルート再配送(再配送の設定)
ルート再配送(シードメトリック)
ルート再配送(RIPとOSPF)
ルート再配送(ループバック活用例)
ルート再配送(connected)
ルート再配送(RIPとIGRP)
ルート再配送(RIPとEIGRP)
ルート再配送(IGRPとEIGRP)
ルート再配送(ルートマップ route-map)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.