@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > OSPF(ip ospf network point-to-point)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆OSPF(ip ospf network point-to-point)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆OSPF(ip ospf network point-to-point)

OSPF(ループバックインタフェースの活用)」の続きです。

 OSPFでは、ループバックインタフェースは、ホストルートと見なされて、「/32」としてアドバタイズされてしまうということを確認しました。


 ループバックインタフェースで「ip ospf network point-to-point」コマンドが設定するとループバックインタフェース上に設定されたサブネットでアドバタイズさせることができます。

先ほどの「OSPF(ループバックインタフェースの活用)」の設定に以下の設定を追加します。

Router_A(config)#interface Loopback0
Router_A(config-if)#ip ospf network point-to-point
Router_A(config-if)#interface Loopback1
Router_A(config-if)#ip ospf network point-to-point
Router_A(config-if)#interface Loopback2
Router_A(config-if)#ip ospf network point-to-point
Router_A(config-if)#interface Loopback3
Router_A(config-if)#ip ospf network point-to-point


 このコマンドを入力することで、「192.168.1.0/24」「192.168.2.0/24」「192.168.3.0/24」「192.168.4.0/24」の経路をアドバタイズするようになります。

Router_Bで「clear ip route *」コマンドを実行し、OSPFの設定の変更が反映されるのを早めます。

Router_Bのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Bのルーティングテーブル
Gateway of last resort is not set

C    172.16.0.0/16 is directly connected, FastEthernet0
O    192.168.4.0/24 [110/2] via 172.16.0.1, 00:01:25, FastEthernet0
O    192.168.1.0/24 [110/2] via 172.16.0.1, 00:01:25, FastEthernet0
O    192.168.2.0/24 [110/2] via 172.16.0.1, 00:01:25, FastEthernet0
O    192.168.3.0/24 [110/2] via 172.16.0.1, 00:01:25, FastEthernet0

 OSPFでは、ループバックインタフェースで「ip ospf network point-to-point」コマンドが設定するとループバックインタフェース上に設定されたサブネットでアドバタイズさせることができるということが確認できました。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
OSPF(ループバックインタフェースの活用)
OSPF(ip ospf network point-to-point)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.