@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > マルチエリアOSPF(ネットワークサマリーLSA:LSAタイプ3)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆マルチエリアOSPF(ネットワークサマリーLSA:LSAタイプ3)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆LSAタイプ3 (ネットワークサマリーLSA)

 LSAタイプ3は、ネットワークサマリーLSAとも言います。エリア間のネットワークへの経路情報を通知します。LSAタイプ3は、エリア境界ルータ(ABR)が生成し、通知範囲はエリア内に限定される。集約ルートを通知することができる。

 ネットワークサマリーLSAは、ネーミングから勘違いしやすいので注意が必要です。サマリー(summary)というネーミングから集約をイメージしてしまい、集約ルートのみをアドバタイズするものと勘違いを起こしやすいのです。紛らわしいネーミングですが、

 ネットワークサマリーLSAは、ルート集約をするためだけに生成されるものではありません。他のエリアを接続するためにABRを配置することによって生成されます。つまり、ネットワークサマリーLSAは、他のエリアのネットワークアドレスとサブネットマスクを通知するために作成されるのです。

 ネットワークサマリーLSAが通知する情報は、LSAタイプ1、LSAタイプ2と比べてとてもシンプルです。通知するのは、ネットワークアドレス、サブネットマスク、メトリックです。ABRは、接続するそれぞれのエリアに対して、通知される側のエリアにとって対向側のエリア情報を通知します。


ABRは、以下のように振舞います。

・エリア0の経路情報をエリア1に通知する。
・エリア1の経路情報をエリア0に通知する。

 ここで、大切なことがあります。ここだけに限ることでは、ないのですが、OSPFネットワークでは、IPアドレッシング計画が重要です。

 せっかくABRで生成するネットワークサマリーLSAでルート集約を行うことができるのに、IPアドレッシングが階層的に割り当てられていなければ、マルチエリアOSPFのメリットが半減してしまいます。

 マルチエリアOSPFでは、ルート集約やデフォルトルートの通知でルーティングの負荷を軽減する仕組みが随所に仕掛けられています。そのメリットを最大限生かせるように、IPアドレッシング計画は、念入りに行いましょう。

LSAタイプ3のネットワークLSAを確認するには、「show ip ospf database summary」で確認できます。

Router#show ip ospf database summary

マルチエリアOSPF(ABR・ASBR混在設定例)」で構築したネットワークを利用して確認してみます。



Router_D上で「show ip ospf database summary」コマンドを実行してみます。

●Router_D上での「show ip ospf database summary」コマンドの実行結果
Router_D#show ip ospf database summary

       OSPF Router with ID (172.20.0.1) (Process ID 1)


                Summary Net Link States (Area 0)

  Routing Bit Set on this LSA
  LS age: 64
  Options: (No TOS-capability, No DC)
  LS Type: Summary Links(Network)
  Link State ID: 172.21.0.0 (summary Network Number)
  Advertising Router: 172.21.0.1
  LS Seq Number: 80000005
  Checksum: 0x4585
  Length: 28
  Network Mask: /16
        TOS: 0  Metric: 10


 LSDBを表示してみます。LSDBを表示して、データベース内にある情報を把握するには、「show ip ospf database」コマンドを使用します。

Router#show ip ospf database

●Router_D上での「show ip ospf database」コマンドの実行結果
Router_D#show ip ospf database

       OSPF Router with ID (172.20.0.1) (Process ID 1)


                Router Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Link count
172.18.0.1      172.18.0.1      1237        0x80000003 0xCD54   2
172.19.0.1      172.19.0.1      947         0x80000004 0xE9A5   3
172.20.0.1      172.20.0.1      943         0x80000004 0x479    3
172.21.0.1      172.21.0.1      952         0x80000005 0xC272   2

                Net Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
172.19.0.1      172.19.0.1      947         0x80000001 0x135

                Summary Net Link States (Area 0)

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum
172.21.0.0      172.21.0.1      936         0x80000005 0x4585

                Type-5 AS External Link States

Link ID         ADV Router      Age         Seq#       Checksum Tag
172.16.0.0      172.18.0.1      1232        0x80000001 0xDCF6   0
172.17.0.0      172.18.0.1      1516        0x80000001 0xD002   0

上の黄色の網掛けの部分は、LSAタイプ3の情報を示しています。

ルーティングテーブルを確認します。

LSAタイプ3を基に算出されたルートには、ルーティングテーブルで「O IA」でマークされます。

Router_D上で「show ip route」コマンドを実行します。

●Router_D上での「show ip route」コマンドの実行結果
Gateway of last resort is not set

C    172.20.0.0/16 is directly connected, Serial0
O IA 172.21.0.0/16 [110/1572] via 172.20.0.2, 00:01:32, Serial0
O E2 172.16.0.0/16 [110/100] via 172.19.0.1, 00:01:32, Ethernet0
O E2 172.17.0.0/16 [110/100] via 172.19.0.1, 00:01:32, Ethernet0
O    172.18.0.0/16 [110/1572] via 172.19.0.1, 00:01:32, Ethernet0
C    172.19.0.0/16 is directly connected, Ethernet0

上の黄色の網掛けの部分の「O IA」は、他のエリア内のルートを意味しています。

次の「マルチエリアOSPF(ASBRサマリーLSA)」では、LSAタイプ4について説明します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆マルチエリアOSPF

マルチエリアOSPFとは
マルチエリアOSPF(エリアの概念)
マルチエリアOSPF(ABR・ASBRの設定)
マルチエリアOSPF(ABRの設定例)
マルチエリアOSPF(LSAの種類)
マルチエリアOSPF(ネットワークLSA)
マルチエリアOSPF(ASBRサマリーLSA)
マルチエリアOSPF(NSSA外部LSA)
マルチエリアOSPF(エリアの種類)
マルチエリアOSPF(標準エリアとは)
マルチエリアOSPF(トータリースタブエリアとは)
マルチエリアOSPF(トータリーNSSAとは)
マルチエリアOSPF(標準エリア設定)
マルチエリアOSPF(トータリースタブエリア設定)
マルチエリアOSPF(トータリーNSSA設定)
マルチエリアOSPF(集約ルートの設定)
OSPF(確認コマンド)
マルチエリアOSPF(OSPFの問題点)
マルチエリアOSPF(OSPFルータの種類)
マルチエリアOSPF(ASBRの設定例)
マルチエリアOSPF(ABR・ASBR混在設定例)
マルチエリアOSPF(ルータLSA)
マルチエリアOSPF(ネットワークサマリーLSA)
マルチエリアOSPF(AS外部LSA)
マルチエリアOSPF(マルチエリア構成例)
マルチエリアOSPF(バックボーンエリアとは)
マルチエリアOSPF(スタブエリアとは)
マルチエリアOSPF(NSSAとは)
マルチエリアOSPF(OSPF用語まとめ)
マルチエリアOSPF(スタブエリア設定)
マルチエリアOSPF(NSSA設定)
マルチエリアOSPF(仮想リンク設定)
OSPF(show ip ospf database)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.