@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNP) > マルチエリアOSPF(エリアの概念)

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆マルチエリアOSPF(エリアの概念)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

◆マルチエリアの動作とルール

 OSPFネットワークでは、複数のエリアをエリア0(バックボーン)に接続することで、ネットワークを階層構造に構築することができます。下の図のように、1つのネットワークを複数のエリアに分割し、各エリア内とエリア間のルーティングとに分けて、階層的にルーティングを行うことができます。


※正確には、各エリアはABRによって接続されます。

各エリアは、必ずエリア0(バックボーンエリア)に接続しなければならないというルールがあります。

 バーチャルリンク(Virtual link)という仮想のリンクを介してバックボーンエリアに接続させることもできますが、基本的にバックボーンエリアに接続させることになっています。

 特定のLSAタイプを除き、基本的にLSAは、エリア内のルータ同士で交換します。そして、同じトポロジデータベースを持つことになります。

 このエリアを定義する設計アプローチによって、LSAが届く範囲を分割することができ、ネットワークの変化をエリア内に留め、パフォーマンスを向上させています。

◆マルチエリアの接続

 OSPFの各エリアは、ABR(Area Border Router)で接続され、非OSPFネットワークへは、ASBR(AS Boundary Router)で接続されます。各エリアは、バックボーンエリアを介して通信を行います。

●OSPFエリアの接続と非OSPFネットワークとの接続図

 各エリアのルータは、所属するエリアごとのトポロジデータベースを持っています。他のエリアにあるネットワーク情報は、ABRからのアドバタイズで学習します。

 ABRでは、ネットワークの詳細情報ではなく、集約ルートやデフォルトルートでアドバタイズします。その結果、エリア内のルータは、ルーティングテーブルを小さくでき、ルーティングの負荷が軽減されます。

 各エリアのルートの詳細情報が流れないことにより、OSPFの問題点である負荷がかかるルートの再計算を行う可能性が低くなります。

 図を見て分かるように、OSPFネットワークは、バックボーンエリアを中心に階層的に構築され、各エリアは、ABRで接続されます。ABRでは、集約ルートをアドバタイズします。

と言うことは

OSPFでは、各エリアのIPアドレッシング計画が重要になってきます。

 ABRで、ルートを集約してアドバタイズできるのにIPアドレスを集約することができないのであれば、エリアに分けるメリットが半減しますよね!

 OSPFでは、各エリアの番号を数字で示すこともできますが、IPアドレスのような4オクテットの表記(x.x.x.x)で表現することもできます。

 Ciscoでは、OSPFのエリアは、単純にエリア番号として、「0」とか「1」で表記しますが、他のベンダーの実装では、「0.0.0.0」とか「0.0.0.1」で表記します。

 例えば、アライドテレシスのレイヤ3スイッチでは、Ciscoのエリア0は、「0.0.0.0」に該当します。アライドテレシスでのOSPFのエリアの設定は、「OSPF(マルチエリアOSPF設定_その7)」を参考にしてみて下さい。

 マルチエリアにおけるOSPFルータの種類と役割については、次の「マルチエリアOSPF(OSPFルータの種類)」で紹介します。



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連コンテンツ>
◆マルチエリアOSPF

マルチエリアOSPFとは
マルチエリアOSPF(エリアの概念)
マルチエリアOSPF(ABR・ASBRの設定)
マルチエリアOSPF(ABRの設定例)
マルチエリアOSPF(LSAの種類)
マルチエリアOSPF(ネットワークLSA)
マルチエリアOSPF(ASBRサマリーLSA)
マルチエリアOSPF(NSSA外部LSA)
マルチエリアOSPF(エリアの種類)
マルチエリアOSPF(標準エリアとは)
マルチエリアOSPF(トータリースタブエリアとは)
マルチエリアOSPF(トータリーNSSAとは)
マルチエリアOSPF(標準エリア設定)
マルチエリアOSPF(トータリースタブエリア設定)
マルチエリアOSPF(トータリーNSSA設定)
マルチエリアOSPF(集約ルートの設定)
OSPF(確認コマンド)
マルチエリアOSPF(OSPFの問題点)
マルチエリアOSPF(OSPFルータの種類)
マルチエリアOSPF(ASBRの設定例)
マルチエリアOSPF(ABR・ASBR混在設定例)
マルチエリアOSPF(ルータLSA)
マルチエリアOSPF(ネットワークサマリーLSA)
マルチエリアOSPF(AS外部LSA)
マルチエリアOSPF(マルチエリア構成例)
マルチエリアOSPF(バックボーンエリアとは)
マルチエリアOSPF(スタブエリアとは)
マルチエリアOSPF(NSSAとは)
マルチエリアOSPF(OSPF用語まとめ)
マルチエリアOSPF(スタブエリア設定)
マルチエリアOSPF(NSSA設定)
マルチエリアOSPF(仮想リンク設定)
OSPF(show ip ospf database)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.