@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCNA試験について > CCNA受験体験記(640-607)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆CCNA受験体験記(640-607)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆CCNA受験体験記(640-607)

CCNAの有効期限は、3年です。管理人が、初めてCCNA試験を更新する時に受験した試験が「640-607」です。

1つ前のバージョンに「640-507」がありますが、こちらは、「640-407」と比較しても、大した違いはありません。

 しかし、「640-607」からは、問題の出題方法に変化が現れます。シミュレーション問題が出題されるようになったのです。すなわち、このバージョンから、ルータの操作技術の力量が問われるようになります。

 実機の操作経験がない方にとって、このバージョンから手ごわい試験となります。といっても出題される問題は、今のシミュレーション問題のように凝った問題ではありません。

 シミュレータの完成度もまだまだ未熟で、実機を操作している感覚にはほど遠く、TABでコマンド補完が出来なかったりと、とても満足できるものではありませんでした。
※管理人が受験した時の話で、他の方が受験した時は、シミュレータは完成度が高かったかもしれません。

それでも、シミュレーション問題には、インパクトがありました。

 シミュレーション問題の完成度が低かったため、コマンドを補完する機能が未熟だったり、また、補完機能がなかったため、結局、コマンドをフルスペル暗記して試験に挑んだことを覚えています。

 試験の範囲と難易度で言うとネットワークの勉強をして初めてネットワークの試験に挑戦するには、ちょうど良い難易度の試験だったのではないでしょうか?

学習するための参考書籍や問題集も、このバージョン辺りから、かなり充実してきます。


 また、シミュレーションの問題対策に心強いシミュレータソフトも手頃な値段(実機購入に比べれば)で購入でき、学習環境を整え易くなりました。

<関連コンテンツ>
CCNA試験について
CCNA試験の歴史
CCENT試験とは
CCNA受験体験記(640-407)
CCNA受験体験記(640-607)
CCNA受験体験記(640-801)
CCNA受験体験記(640-802)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.