@network Cisco・アライド実機で学ぶ > CCNA試験について > CCNA受験体験記(640-407)

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆CCNA受験体験記(640-407)

※動作確認は、Cisco2500、Cisco1710、Cisco1720、Cisco1721、Cisco2611、Cisco2650、Cisco3620シリーズのルータ、Catalyst2900、Catalyst2950シリーズのスイッチなどで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。


◆CCNA受験体験記(640-407)

 管理人が初めて受験したバージョンのCCNA試験です。「640-407」は、日本に上陸して間もなく、CCNA試験の認知度も低かった時代の試験です。

 CCNA試験に関する書籍や問題集もあまりなく、試験合格に向けた学習に苦労したのを覚えています。数少ない参考書の中で日経BP社の「Cisco CCNA認定ガイド」を中心に学習して行きました。


 参考になる本が、この本ぐらいしかなかったんです。丸暗記する勢いで学習しました。今では、こんなに安く購入できるんですね。内容は、英語の直訳の印象で、理解に苦しんだことを記憶しています。

 参考書は、汚れるぐらい何度も繰り返して読みなおしました。 当時としては、Ciscoルータの流通が少なく、高価であった為、機材を揃えて学習環境を整えることが困難であったため、テキストエディタを使って、コマンド練習を何度も繰り返しました。

 当時の試験問題は、問題に慣れしていなくとも、ネットワークの基本的な用語や意味、基礎コマンドが中心で、今のCCNA試験と比べるとはるかに簡単な問題ばかりでした。

 問題が簡単と言っても試験に関する情報が極めて少なかったため、ある意味で難しい試験と言えました。出題される問題が予測困難で、関連しそうなネットワークの書籍を何冊か購入して読みました。

 問題は、英語の直訳で問題の意味が分からないものや、解答群が意味不明の問題もちらほらとあったのを記憶しています。

そのためか、今よりも遥かに低い得点が合格点となっていました。

 管理人としては、CCNA試験が登場する前は、ネットワークの試験と言えば、情報処理技術者試験のネットワークスペシャリストぐらいしかなく、程よい難易度のネットワークの資格がなかったため、ネットワークを学習する上で良い目標になりました。

<関連コンテンツ>
CCNA試験について
CCNA試験の歴史
CCENT試験とは
CCNA受験体験記(640-407)
CCNA受験体験記(640-607)
CCNA受験体験記(640-801)
CCNA受験体験記(640-802)



スポンサードリンク


<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
ARP・RARP・Proxy ARP(12項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.