@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > MACアドレステーブルの確認

 Amazon
@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆MACアドレステーブルの確認

※動作確認は、Catalyst2950スイッチで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク

※動作確認は、Catalyst2950スイッチで確認しています。

◆MACアドレステーブルの確認

◆「show mac-address-table」コマンド

 Catalyst2950でMACアドレステーブル登録されるアドレスの種類は、ダイナミック、スタティック、セキュアの3種類あります。

タイプ 学習方法 再起動時 エージアウト
Dynamic (ダイナミック) 自動 消去 300秒(5分)
Static (スタティック) 手動 残る なし
Secure (セキュア) 手動 残る なし

●ダイナミック

「ダイナミック」は、スイッチが自動で学習するアドレスタイプです。

●スタティック

 「スタティック」は、管理者が静的に定義したアドレスタイプです。MACアドレスを特定のVLANに所属するインタフェースに関連付けたい場合に指定します。

●セキュア

 「セキュア」は、「スタティック」の一種で、セキュリティを向上させる場合に使用されます。ポートセキュリティ機能を登録したMACアドレス以外の送信元MACアドレスを持つ端末のフレームを破棄することができます。

 Catalyst2950スイッチで、MACアドレステーブルを確認するには、「show mac-address-table」コマンドを使用します。

Switch#show mac-address-table

それでは、スイッチの「f0/1」にPCを接続して、「show mac-address-table」コマンドを実行してみましょう!


●「show mac-address-table」の出力
Switch#show mac-address-table
Dynamic Address Count:                 1
Secure Address Count:                  0
Static Address (User-defined) Count:   0
System Self Address Count:             25
Total MAC addresses:                   26
Maximum MAC addresses:                 8192
Non-static Address Table:
Destination Address  Address Type  VLAN  Destination Port
-------------------  ------------  ----  --------------------
000f.20ca.3e95       Dynamic          1  FastEthernet0/1

PCのMACアドレスが、自動的に学習されていることが分かります。

●オプション指定

ちなみに、オプションを指定すると、指定したタイプ(Dynamic、Static、Secure)だけを表示することができます。

Switch#show mac-address-table {dymanic | static | secure}


◆「mac-address-table aging-time」コマンド

エージングタイマ値を確認するには、「show mac-address-table aging-time」コマンドを使用します。

●「show mac-address-table aging-time」の出力
Switch#show mac-address-table aging-time
300

デフォルトのエージングタイマ値は、300になっています。

 エージングタイマ値を変更するには、グローバル設定モードで、「mac-address-table aging-time」コマンドを使用します。

Switch(config)#mac-address-table aging-time {秒数}



<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)
<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.