@network Cisco・アライド実機で学ぶ > Cisco実機で学ぶ(CCNA) > オートネゴシエーションとは

 Amazon

@network Cisco・アライド実機で学ぶ
◆オートネゴシエーションとは

※動作確認は、Catalyst2950スイッチで確認しています。コマンド、出力結果、動作は、機種、IOSのバージョンで異なる場合があります。
 資格取得が就職、転職、派遣に有利なのは確かですが、「資格=即戦力」とは言えません。実機を操作して資格取得と同時に就職・転職・派遣後に求められるエンジニア(仕事・ジョブ・ワークの達人)としての即戦力を養いましょう。

スポンサードリンク


◆オートネゴシエーションとは

 イーサネットには、10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tのように通信速度が違う規格があり、それぞれに半2重通信、全2重通信といった通信モードがあります。

 やっかいなことに、接続する機器間で通信速度と通信モードを揃えておく必要があり、両側で同じ設定にしておかなければ、正常な通信ができません。

 機器間の接続ごとに通信速度と通信モードを揃えるのはとても大変な作業です。そこで、オートネゴシエーション(Auto-Negotiation)という仕組みが考えられています。

 オートネゴシエーションは、接続している機器間で通信速度(10Mbps/100Mbps/1Gbps)と通信モード(半2重/全2重)を交渉して、最適なモードに自動設定してくれる仕組みです。

 例えば、自分のインタフェースの通信速度が100Mbpsで、通信モードが全2重をサポートしており、相手側のインタフェースが100Mbpsの全2重モードをサポートしていれば、両側のインタフェースで、100Mbpsの全2重モードに自動的に切り替えてくれます。


 このように自動(Auto)で、交渉(Negotiation)して、お互いにとって最速な動作のとなる通信速度と動作モードで切り替えてくれるので、大変便利なの機能なのですが、実は問題もあります。

 それは、機器間で通信モード(半2重/全2重)の設定が合わないという状況が、発生してしまうのです。片方がの通信モードが半2重、もう片方の通信モードが全2重となるケースが、しばしば発生してしまいます。

 具体的には、片方がオートネゴシエーション機能を有効にし、もう片方でオートネゴシエーション機能を無効にし、固定的に通信速度を100Mbpsの全2重に設定している時などに、この現象が発生する場合があります。

その原因は、オートネゴシエーションの動作の仕組みに関係があります。

RSTPの設定例2(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「オートネゴシエーションの仕組み(その1)





<ネットワーク資格の練習問題に挑戦>
CCNA練習問題に挑戦!(650問)
Network+練習問題に挑戦!(393問)
テクニカルエンジニア(ネットワーク)試験
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAルータ編)

ルータの概要・基本操作・設定1 (17項目)
ルータの概要・基本操作・設定3 (22項目)
IGRP・EIGRPの設定 (18項目)
アクセスリスト・ACLの設定 (14項目)
NAT・DHCPの設定 (8項目)
ルータの概要・基本操作・設定2 (17項目)
RIPv1・RIPv2の設定 (14項目)
OSPFの設定・デフォルトルートの伝播(16項目)
WANの設定 (10項目)
◆Cisco実機で学ぶ(CCNAスイッチ編)

スイッチの基本操作・設定 (14項目)
VTP・スパニングツリーの設定 (12項目)
MACアドレスの管理・VLANの設定 (12項目)

◆アライドテレシス実機で学ぶ

基本操作・設定 (11項目)
OSPFの設定 (9項目)
ポリシールーティング・VRRPなど (12項目)
VLAN・マルチホーミング・RIPの設定 (10項目)
STP・ポートトランキングなど (14項目)

<関連メニュー>
CCNA実機で学ぶ
CCNP実機で学ぶ
CCENT(ICND1)実機で学ぶ
ICND2実機で学ぶ
SDMで設定する(Cisco実機で学ぶ)
CCENT・CCNA無線実機で学ぶ
アライドテレシス実機で学ぶ
TCP/IP入門・無料ネットワークツール
PLCでホームネットワーク構築

Copyright(c)2006- @network Cisco・アライド実機で学ぶ All rights reserved.